auポケットwifi徹底解説!料金・キャンペーン・無制限~エリアまで!

auポケットWiFi(WiMAX)徹底解説! au

auポケットWiFiを検討しているという方・・・ちょっと待ってください!

auポケットWiFiはauから契約するとめちゃめちゃ損をしてしまうということをご存知ですか?

にわとり氏
にわとり氏

でも、auスマホや携帯を使っていたらセットで割引とかあるんじゃないの?

キツネくん
キツネくん

よく知っているね!確かにそうなんだ!
でも実はauから直接契約しなくてもauユーザーの人は割引を受けることができるんだよ。

auユーザーの人、auユーザーでない人、どちらの方もauから直接契約するよりもauと同じポケットWiFiをもっとお得に契約することができます

当サイトではauポケットWiFiの料金内容や特徴、お得なプロバイダとの契約方法などをわかりやすく解説していきます!

ポケットWiFiの豆知識

Pocket WiFi(ポケットWiFi)とは、ソフトバンク株式会社の登録商標で、ソフトバンクやワイモバイルで販売されているモバイルWiFiルーターのことを指します。
そのため、例えばUQコミュニケーションズ株式会社では「WiMAX Speed Wi-Fi」、ドコモではWi-Fi STATION」というのが各社モバイルWiFiルーターの正式名称です。
ですが、今は「外出先でもインターネットに接続できる小型の通信機器=ポケットWiFi」ということで広く認識されているため、当サイトではモバイルWiFiルーターのことを統一してポケットWiFiと表記しています。

auポケットWiFiとはWiMAXのこと!

すでに「auポケットWiFi」で検索している人も多いかと思いますが、「auポケットWiFi」で検索するとWiMAX2+の料金プランや端末がヒットしませんか?

実はauで契約できるポケットWiFiはWiMAXなんです。

WiMAXはUQコミュニケーションズ株式会社が提供するポケットWiFiサービスですが、UQコミュニケーションズはauを運営するKDDIのグループ会社。

そのためauで販売されているポケットWiFiもWiMAXというわけなんです。

WiMAXはどこで契約してもエリアや通信速度は同じ

にわとり氏
にわとり氏

でも使えるエリアや通信速度なんかはauで契約した方が良いんじゃないの?
やっぱり何て言っても大手なんだし。

キツネくん
キツネくん

ん~そうだと良いんだけど、auで契約しても使えるエリアや通信速度は全く同じなんだ。
au以外にもWiMAXを契約できるプロバイダは数十社あるんだけど、どこも利用エリアや通信速度は同じ。
主な違いは価格やサービスなんだよ。

WiMAXはどこで契約しても使えるエリアや理論上の最大通信速度は全く同じ!

主な違いは月額料金やサービス内容です。

auで契約するとauショップでサポートを受けられるので、実店舗のないネット上のプロバイダに比べてサービス面は充実しているでしょう。

ただしその分値段が高くなるのがデメリットとなります。

auから契約しなくてもau割引が受けられる

auユーザーの方がauポケットWiFiを契約した際に受けられる特典は2つあります。

  • auスマートバリューmine(au携帯が最大1,000円/月割引)
  • ハイスピードプラスエリアオプション料(1,005円/月)が無料

どちらの割引もauから直接契約しなくても受けられる特典となっています。

auスマートバリューmine

auスマートバリューmineとは、WiMAXとauスマホ・携帯とのセット利用で、auスマホ・携帯料金が毎月最大1,000円割引してもらえるサービスのことです。

キツネくん
キツネくん

割引額はあなたがどのプランでスマホや携帯を契約しているかで変わってくるよ。
詳しい割引額はau公式サイトで確認してね。

ハイスピードプラスエリアオプション料が無料

ハイスピードプラスエリアオプションとは、通信モードをau4GLTEに切り替えるオプションのことです。

POINT

ハイスピードプラスエリアモードではauのプラチナバンドを利用することができます。
プラチナバンドとは特定の周波数帯域の電波のことで、auの他には、ドコモ、ソフトバンクと国内携帯電話会社のトップ3しか持っていない価値の高い周波数帯域です。
電波が遠くまで届きやすく建物などの障害物に遮られにくい特性があります。

通常モードは「ハイスピードエリアモード(WiMAX2+)」となっています。

au4GLTEはWiMAXに比べると使えるエリア・場所が広く、WiMAXの電波が繋がりにくくなった時に役立ちます。

通常であればハイスピードプラスエリアモードの利用には1,005円/月のオプション料がかかりますが、auスマートバリューmineに申し込むことで無料になります。

※auユーザー以外の方でも3年契約することで無料になるプロバイダもあります。

au(WiMAX)と他社ポケットWiFiの違い

ポケットWiFiはau系のWiMAX以外にもSoftbankやdocomoから販売されているものもあります。

通信会社月額料金データ容量
au(WiMAX)3,696円7GB
4,380円無制限
Softbank(Y!mobile)2,678円5GB
3,696円7GB
4,380円無制限
docomo5,000円5GB~
キツネくん
キツネくん

詳しくはこの後の章で説明しているけど、「価格の安さ」と「エリアの広さ」から3社の中でauポケットWiFiはかなりおすすめだよ!

値段の違い

docomoのポケットWiFiはずば抜けて月額料金が高いので、あまり使っている方はいないように思います。

auとSoftbankに関しては一見すると月額料金に変わりはないようにも感じます。

ですが、WiMAXはとにかく取り扱いプロバイダが多く、プロバイダのキャンペーンを利用すればデータ無制限プランでも実質月額料金2,000円代からポケットWiFiを利用することができます。

エリアの違い

データ容量を無制限で検討しているという方は、対応エリアに要注意です。

無制限に対応しているのは、WiMAXとワイモバイルなので2社でエリアを比較してみたいと思います。

auポケットWiFi ワイモバイル無制限エリア

auポケットWiFi WiMAX無制限エリア

上の青色部分がワイモバイルを無制限で使えるエリア。

下のピンク色部分がWiMAXを無制限で使えるエリアです。

東京周辺で比較していますが、他の都市でもY!mobileは無制限プランで使えるエリアが月間データ容量5GBや7GBプランに比べてかなり狭くなるため、事前にエリアチェックが必須です。

ワイモバイルのエリアチェック

WiMAXのエリアチェック

auポケットWiFiの料金プラン

auポケットWiFの料金プランは2つ。

  • WiMAX2+ フラット for DATA EX
  • WiMAX2+ フラット for DATA

「WiMAX2+ フラット for DATA EX」は月間データ容量が無制限プラン。

「WiMAX2+ フラットfor DATA」は月間データ容量が7GB上限となっているプランです。

 WiMAX2+
フラット for DATA EX
WiMAX2+
フラット for DATA
月額料金4,380円3,696円
2年間総額109,500円92,400円

※ 価格は税抜き

データ使い放題で月額4,380円という値段だけ見るとすごく安く感じますが、他社プロバイダを経由することでもっと安く契約することができます。

にわとり氏
にわとり氏

au以外だったらどこで契約すればお得になるの?

キツネくん
キツネくん

僕の知る限りでは、ほぼほぼどのプロバイダからWiMAXを契約してもauより安くなるよ。
ただWiMAXプロバイダは数十社あって全て見るのは大変だから、中でもここは安い!というプロダイバを次の章で紹介するね。

auポケットWiFと他社プロバイダで値段を比較

今回は以下の3つで値段を比較しました。

  • au
  • UQ
  • GMOとくとくBB
キツネくん
キツネくん

選定の理由は、まずUQに関してはWiMAXの本家本元だから!
そしてGMOとくとくBBは、WiMAXを提供するプロバイダの中でも特に実質月額料金が安いと言われているからだよ!

無制限プランで比較

 au ※1UQ WiMAX ※2GMOとくとくBB ※3
初月~2ヶ月目4,380円3,696円3,609円
3ヶ月目以降4,380円4,263円
キャッシュバックなし13,000円41,500円
総額利用料109,500円147,008円114,269円
実質月額料金4,380円3,973円3,088円
 公式サイト公式サイト詳細ページ詳細ページ

※ 価格は税抜き
※1 契約期間:2年
※2 契約期間:3年、端末:W05選択時

※2 契約期間:3年、端末:W05選択時

auからWiMAXを契約するとGMOとくとくBBから契約するよりも実質的な毎月の支払が1,000円以上高くなります。

キツネくん
キツネくん

月額料金だけみると3社ともあまり大きな差は見られないけれど、UQWiMAXとGMOとくとくBBにはキャッシュバックがあるため、実質月額料金がグンと安くなるんだ!

GMOとくとくBB以外の主なWiMAXプロバイダで高額キャッシュバックキャンペーンを行っているプロバイダは以下の通りです。

プロバイダ実質月額料金契約期間キャッシュバック補足
3WiMAX ※13,053円2年30,000円auユーザー限定
@nifty3,392円3年30,000円 
BIGLOBE3,414円3年30,000円 

※1 2018年12月より3WiMAXでは新規受付をしていません。

7GBプランで比較

 au ※1UQ WiMAX ※2GMOとくとくBB ※3
月額料金3,696円3,696円3,609円
キャッシュバックなし13,000円41,500円
総額利用料92,400円123,752円92,033円
実質月額料金3,696円3,345円2,487円

※ 価格は税抜き
※1 契約期間:2年
※2 契約期間:3年、端末:W05選択時

※3 契約期間:3年、端末:W05選択時

7GBプランでもauとGMOとくとくBBの毎月の実質的な支払額は1,000円以上の差があります。

キツネくん
キツネくん

7GBプランも無制限プランと同様、月額料金は3社ともほとんど変わらないけれど、UQWiMAXとGMOとくとくBBにはキャッシュバックがあるから実質月額料金はauで契約するよりも安くなるよ!

7GBプランでも高額キャッシュバックキャンペーンを行っているプロバイダで価格を算出してみたのでよければ参考にしてみてください。

プロバイダ実質月額料金契約期間キャッシュバック補足
3WiMAX ※12,495円2年30,000円auユーザー限定
@nifty2,767円3年30,000円 
BIGLOBE2,784円3年30,000円 

※1 2018年12月より3WiMAXでは新規受付をしていません。

キャッシュバック以外に月額割引キャンペーンもあり

各社プロバイダが行っているキャンペーンにはキャッシュバックの他に月額割引もあります。

キャッシュバックキャンペーンは、契約後にキャッシュバックの受け取り申請をしないといけないので「契約後にわざわざ手続きするのは面倒」「申請を忘れないか心配」という人もいるかもしれません。

そういった方は月額料金を大幅に値引きしてくれている月額割引キャンペーンがおすすめです。

プロバイダ実質月額料金契約期間補足
無制限7GB
カシモWiMAX3,085円2,521円2年端末W04、Triprouter選択時
GMOとくとくBB3,172円2,648円3年 
so-net3,289円2,705円3年 
カシモWiMAX3,404円2,852円2年端末W05選択時
DTI3,525円3,500円3年 
BroadWiMAX3,550円2,921円3年 
BIGLOBE WiMAX3,576円2,946円3年 
キツネくん
キツネくん

・カシモWiMAX
・DTI WiMAX
・hi-ho WiMAX
はauスマートバリューmine非対応だから、auユーザーの方でauスマートバリューmine対象プランに加入している人は選ばないでね!

auポケットWiFi(WiMAX)端末の選び方

WiMAXで選べる端末は主に6種類ほどあります。

  • W05
  • W04
  • WX05
  • WX04
  • WX03
  • Triprouter
  • L01s(ホームルーター)

「W04」「WX03」「Triprouter」に関しては、端末が少し前の型で今はほとんど取り扱いしているプロバイダはありません。

ですが、旧方の端末を選ぶことでその分月額料金を安く抑えることができるプランもあり、端末へのこだわりがない方には非常に大きなメリットです。

ただしWX03はau4GLTE未対応端末でWiMAX回線しか使うことができないためご注意を!

キツネくん
キツネくん

「月額料金を安く抑えたい」「端末へのこだわりがない」という人は、カシモWiMAXで端末Triprouterを選択するプランがお得!

「外には持ち出さない」「固定回線の代わりとして使いたい」という方は、自宅に適した高性能Wi-Fi通信が可能なホームルーター「L01s」を選んでくださいね。

WX05とW05のメリット・デメリット

おそらく端末選びで迷う方は「WX05」と「W05」で迷う方が多いと思います。

ちなみに私は「W05」を選びましたが、理由は3つです。

  1. WXシリーズの不具合報告のレビューが多かったから。
  2. WXシリーズより電波感度が良さそうだったから。
  3. 設定を試行錯誤するのは面倒だから。

私は主に価格comで口コミを見てみましたが、とにかくWX05の旧機種であるWX04は「1日に何度も再起動がかかる」など不具合報告多く、WXシリーズに対する不安が大きくなってしまいました。

またW05は初期設定のままでも比較的問題なく利用できるのに対し、WXシリーズは自分の利用環境に合ったように設定を変更する必要がある・・・などのレビューもあり、設定を試行錯誤するのが面倒だなと感じたのもW05にした理由の1つです。

ただWX05にメリットが全くないというわけではなく、W05は自力でバッテリー交換できないのに対し、WX05は別売りの電池パックを購入すればバッテリー交換することができます。

替えのバッテリーを持ち歩くことが出来るので、長時間充電できない環境下でWiFiルーターを使うことが多い人には非常に魅力的です。

個人的にはW05を実際に使ってみて、端末の不具合もなくデフォルト設定のままで室内・屋内ともに快適に使えたのでW05かなりおすすめですが、「設定を試行錯誤してでもバッテリー交換を優先させたい」という人はWX04がおすすめです。

ポケットWiFi(WiMAX)の通信制限

auポケットWiFi(WiMAX)の通信制限は3つのパターンがあります。

  1. WiMAX2+ フラット for DATAで7GBを超えた時
  2. ハイスピードプラスエリアモードで7GBを超えた時
  3. 3日間合計10GBを超えた時

これらはどのプロバイダからWiMAXを契約しても共通の通信制限です。

キツネくん
キツネくん

ただし1と2の通信制限は追加料金を支払うことで解除することもできるよ!
詳しくは「追加料金で制限解除できる」の章で説明するね。

WiMAX2+ フラット for DATAで7GBを超えた時

制限時間当月末まで
制限後の最大通信速度128kbps

WiMAX2+ フラット for DATAで「WiMAX2+」「au4GLTE」の通信量合計が7GBを超えた時、月末まで通信速度が128kbpsまで制限されます。

128kbpsまで低速になるとLINEやメールができる程度で、サイト閲覧も読み込みに時間がかかります。

ほぼほぼ何もできない状態になってしまうので、「7GBを超えるかもしれない」と思う人は無制限プランでの申し込みがおすすめです。

ハイスピードプラスエリアモードで7GBを超えた時

制限時間当月末まで
制限後の最大通信速度128kbps

ハイスピードプラスエリアモードの通信量合計が7GBを超えた時、「ハイスピードエリアモード(WiMAX2+)」と「ハイスピードプラスエリアモード(au4GLTE)」の両方の通信モードが月末まで速度制限となります。

キツネくん
キツネくん

この制限はたとえWiMAX2+フラットforDATA EX(無制限プラン)で申し込みしていたとしても、速度制限がかかってしまうから凄くもったいないよ。

ハイスピードプラスエリアモードの利用はWiMAX2+が繋がらない時の緊急用にとどめて置き、ハイスピードプラスエリアモードで7GBを超えないように注意しましょう。

通信量は端末やインターネットから確認することができるので、定期的にチェックすればこの速度制限は避けられます。

3日間で合計10GB超えた時

制限時間10GBを超えた日の翌日18時~2時まで
制限後の最大通信速度概ね1Mbps

直近3日間の通信量合計が10GBを超えた時の翌日にのみ速度制限がかかります。

この通信制限は1度かかっても、月末まで続くわけではありません。

3日間合計が10GBを下回れば制限はかかりませんし、制限がかかっている時でも18時~2時以外の時間帯は通常の高速通信が可能です。

また制限中でも最大通信速度は1Mbpsとかなり緩い制限です。

実際私も3日間制限を受けたことがありますが、YouTubeを視聴できるくらいの速度はあるので普通にインターネットを使う分には問題ありません

auでWiMAXを契約するメリット

ここまでWiMAXを契約するならau経由ではなく他のプロバイダがおすすめと解説してきましたが、auから契約するメリットもゼロというわけではありません。

  1. サポートが充実
  2. 追加料金で通信制限を解除できる

以上2つのメリットがあります。

サポート面が充実している

WiMAXのポケットWiFiを契約した場合、基本的にサポートは契約したプロバイダから受けることになります。

WiMAXプロバイダの多くは実店舗がないので、やり取りは電話やメールが基本です。

一方でauから契約した場合はauショップでサポートを受けることができるため、対応がよりスムーズに進むでしょう。

追加料金で制限解除できる

auからWiMAXを契約した場合、「エクストラオプション」を付帯することで以下の2つの通信制限を解除することができます。

  • WiMAX2+ フラット for DATAで7GBを超えた時
  • ハイスピードプラスエリアモードで7GBを超えた時

エクストラオプションの申し込み自体にオプション料はかからず、月間データ容量を超過した場合にだけ追加料金が発生します。

追加料金でデータをチャージできるのはWiMAXの本家本元であるUQ WIMAXでも行っていないので、auからWiMAXを契約するメリットです。

ただし追加料金は2GB・2,500円の自動加算となり、データチャージが不要であっても自動的に加算されていくため、料金が高額になってしまう可能性もあり少し注意が必要です。

「絶対に速度制限は避けたい!」という人には良いオプションですが、その都度自分でチャージの要・不要を選択できないのは少しネックではあります(^^;

auポケットWiFiまとめ

ここまでauポケットWiFiについて解説してきましたが、つまりはauポケットWiFi=WiMAXということ!

WiMAXはどの通信会社・プロバイダから契約しても使えるエリアや通信速度は変わらないため、「自分が何に重点を置くか」によって契約するプロバイダを決めれば良いんです(^^)

サポートを重視するならauやUQ!

サポート面を重要視するなら実店舗を構える通信会社・プロバイダが優勢です!

au以外にUQも各地にショップがあるので、サービス面ならau・UQの2社がおすすめです。

価格を安くするならプロバイダのキャンペーンサイトがお得!

携帯もそうですが、契約してしまえば解約するまで問い合わせすることはないので私自身サポート面はそれほど重要ではありません。

そんな人は価格を安く抑えられるプロバイダがおすすめです!

WiMAXを取り扱いしているプロバイダは数多くあるため、各社ここぞとばかりにキャンペーンを打ち出し顧客争奪戦状態(^^;

たくさんあると迷ってしまいますがこちらとしては嬉しい限りです。

中でも・・・

がおすすめです!

おすすめポケットWiFi
簡単診断
Q1
1ヶ月間で使うデータ量の目安を教えてください。

コメント

Top