ブロードワイマックス(BroadWiMAX)徹底解説!口コミ・評判~乗り換え・解約まで!

ブロードワイマックス(BroadWiMAX)徹底解説!口コミ・評判~乗り換え・解約まで!ポケットWi-Fi プロバイダ

ブロードワイマックス(BroadWiMAX)は、ポケットWi-Fiで人気の高いWiMAXを提供しているプロバイダの1つです。

WiMAXプロバイダはBroadWiMAX以外にも数十社ありますが、どこもUQコミュニケーションズ株式会社の回線を利用しているため、速度や利用できるエリアはどこも全く同じです。

「じゃぁどこで契約しても変わらないんじゃないの?」という気もしますが、各プロバイダによって行っているキャンペーンや料金プラン、契約期間などが異なるため、どのプロバイダで契約するかはとっても重要です!

中でもBroad WiMAXは以下のような人におすすめ!

  • 月額料金そのものを安く抑えたい人
  • 他社WiMAXからの乗換えを検討している人
  • 長く使いたい人
  • au4G LTEを頻繁に使う人

特にBroadWiMAXでは他社WiMAXの解約違約金を負担してくれる唯一のプロバイダのため、乗り換え検討中の人はBroadWiMAXかなりおすすめです!

参考 月額2,726円(税抜)~のBroadWiMAX

BroadWiMAX2+とは

ブロードワイマックス(BroadWiMAX)とは、株式会社リンクライフが運営するWiMAXプロバイダの1つです。

株式会社リンクライフは2008年に設立された電気通信事業社で、WiMAXだけでなく光回線サービスなどの取り扱いもしています。

BroadWiMAXの魅力はなんといっても月額料金の安さ。他のWiMAXプロバイダと比べても価格は最安級です。

最近はキャッシュバックで実質月額料金を安くするプロバイダも多く、それはそれで嬉しいキャンペーンではあるのですが、BroadWiMAXは純粋に月額料金を安価に設定してくれているので、毎月の出費を抑えることができます。

BroadWiMAXの口コミ・評判

ブロードワイマックス(BroadWiMAX)の口コミ・評判がインスタやTwitterで見つけることができたので、いくつか気になるレビューをピックアップしてみました。

速度に関する口コミ

速度制限の口コミ

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

#broadwimax を使い始めて早半月( ᐛ )و 毎日快適なネット環境で過ごしています🤗 昨日朝起きると、1番下の「status」というランプがチカチカ💡 ここが点滅すると、3日で10GB容量を超えて制限かかりますよ〜!ってことらしい💦 18時〜2時までネット制限かかり遅くなります。 どんくらい遅くなるかな〜とヒヤヒヤしてましたが、普通に動画見れます! もちろんインスタもいつも通り見れます😆🙌🏻 パソコン使うともっと遅いかもですが、スマホ📱2台だったら普段と変わらず使えました! 今日確認すると点滅は消えてましたよー! ⚠️我が家での体感です。基地局などの関係で地域差があるので参考までにどうぞ! #wimax#節約#節約生活#夫婦2人暮らし

あみ 家計管理アカさん(@ami.kakeibo)がシェアした投稿 –

速度制限に関しては後でも詳しく説明していますが、BroadWiMAXは他のWiMAXプロバイダと同様、ギガ放題で申し込みしても3日間で10GB以上使用すると一時的に速度制限がかかります。

速度制限の詳細について先に知りたい方はココをチェック

ただし制限後の通信速度は概ね1Mbps

これはYouTubeを標準画質で視聴できる速度なので、そこまでのストレスなくインターネットを利用することが可能です。

猫太
猫太

大手キャリアでは制限後の速度が128kbpsまで低速になるところがほとんどだから、WiMAX2+の速度制限はめちゃくちゃ緩い!

利用エリアの口コミ

WiMAX2+の利用エリアはどんどん拡大されていますが、地下街や地下鉄など繋がりにくい場所もまだあるのが現状です。

ただしBroadWiMAXではau4GLTE回線を使えるオプションが無料のため、WiMAX2+が圏外や繋がりにくいエリアではau4GLTEに回線を切り替えることで地下街や地下鉄でも問題なく使うことができます。

乗り換えに関する口コミ

他社WiMAXからBroadWiMAXへ乗り換える場合、他社WiMAXでかかる違約金を最大19,000円まで負担してもらうことができます。

違約金負担を行っているプロバイダは私が知る限りBroadWiMAXのみなので、乗り換えを検討中の人はメリットがかなり大きいです。

サポートセンターの評判

サポートセンターに関する評判は正直あまり良くない・・・というか悪いレビューがチラホラありました。

ただWiMAXプロバイダでは電話サポートがないところも多い(その分価格を安くしている)ので、BroadWiMAXはまだ電話サポートがあるだけ良いのかな?と思います。

ちなみに電話の混雑状況はHPに掲載されていました。

ブロードワイマックス(BroadWiMAX) 電話がつながりやすい時間

火曜日~土曜日の14:00~17:00は比較的つながりやすいようです。

私はよくチャットを利用しますが、チャットではすぐに返信がくるので個人的には電話よりチェットでの問い合わせがおすすめです。

BroadWiMAXの料金プラン

ブロードワイマックス(BroadWiMAX)の料金プランはめちゃめちゃシンプルです。

 月額最安
ギガ放題プラン
月額最安
ライトプラン
月間データ容量無制限7GB
申込日~2ヶ月目2,726円2,726円
3~24か月目3,411円2,726円
25ヶ月目以降4,011円3,326円
3年間総額131,352円108,062円
3年間総額3,550円2,921円

※価格は税抜き
※実質月額料金=(申込月+契約期間36ヶ月)÷37ヶ月

ブロードワイマックス(BroadWiMAX)の契約期間は3年のみ。

またどの機種を選んでも料金に影響しないため、基本的には性能が良く、人気の高い最新機種W06を選べばOK。(ただしクレードルを使って有線LAN接続したい人はWX05がおすすめ!)

あとはデータ容量から「ギガ放題orライト」を選べば、ほぼ料金プランは完成です。

ギガ放題⇔ライト間の変更はいつでもOK

ギガ放題⇔ライト間は手数料なしの、月単位で変更が可能です。

また初月~2ヶ月目まではギガ放題とライトプランの月額料金は同じなので、誰でも初めはギガ放題での申し込みがおすすめです。

猫太
猫太

ギガ放題⇔ライト間の変更は月単位で何度でもできるから、使用状況をみながらプラン変更をすることで、さらに料金を節約できる!

プラン変更の締め日は毎月25日までです。

26日以降に変更手続きをした場合は翌々月からの適用となります。

BroadWiMAXで契約するメリット

ブロードワイマックス(BroadWiMAX)のメリットは主に4つあります。

  1. 月額料金が安い
  2. 料金プランがシンプルでわかりやすい
  3. au4GLTEのオプション料が無料
  4. 乗り換え時に他社解約違約金を負担してくれる

料金プランについては先ほど説明した通りなので、他の部分を詳しくみていきましょう。

メリット1:BroadWiMAXは月額料金が安い

WiMAXプロバイダの多くは主に

  • キャッシュバック
  • 月額割引

このどちらかのキャンペーンを行うことで月額料金をグンと安くしています。

キャッシュバックキャンペーン

月額料金はそこまで安くありませんが、キャッシュバックを受け取ることで実質的な支払額が安くなります。
ただし、高額キャッシュバックになるほど、契約してからキャッシュバックを受け取れるまでの期間が長くなります。
キャッシュバックの受取申請が契約から約1年後となるプロバイダもあり、キャッシュバックの受取申請を忘れてしまわないように注意が必要です。

月額割引キャンペーン

毎月の支払額から一定額割引されるため、確実に料金を安く抑えることができます。
ただし、キャッシュバックを受け取った時ほど実質月額料金が安くならないことがあります。

BroadWiMAXでは、後者の月額割引キャンペーンを行っています。

猫太
猫太

キャッシュバックと月額割引にはそれぞれメリット・デメリットがあるけど、「契約後にキャッシュバック申請するのが面倒」「申請を忘れないか不安」という人は月額割引がおすすめ。

月額割引を行っているWiMAXプロバイダはBroadWiMAXだけではありませんが、それらと比較してもBroadWiMAXの価格は上位に食い込む安さです。

メリット2:au4GLTEオプション料が無料

au4GLTEオプションは、BroadWiMAXに限らず、WiMAXプロバイダであれば共通で使えるオプションです。

au4GLTEオプションは、通常であれば1,004円/月の利用料がかかりますが、BroadWiMAXでは全機種無料で利用することができます。

au4GLTEオプションとは回線を『ハイスピードプラスエリアモード』に切り替えるオプションのことで、標準では『ハイスピードモード』になっています。

 回線利用シーン
ハイスピードモード(標準)WiMAX2+通常時
ハイスピードプラスエリアモードWiMAX2+
au4GLTE
WiMAX2+が圏外や繋がりにくいエリア

WiMAX2+電波の特性上、地下やビルの奥まった場所など建物の構造によっては繋がりにくくなることがあり、そんな時にau4GLTEが役立ちます。

猫太
猫太

au4GLTEオプション料は他社WiMAXプロバイダでも、3年契約すれば無料になるんだ。地下やビル等、「WiMAX2+が不安定な場所で利用することが多いかも」と思う人は、au4GLTEオプション料が無料になるプロバイダがおすすめ!

メリット3:違約金負担の乗り換えキャンペーン

BroadWiMAXに他社WiMAXからの乗り換える場合、他社解約違約金を上限19,000円まで負担してもらうことができます。

私が知る限りでは、他社違約金を負担してくれるプロバイダはBroadWiMAXのみです。

現在他社WiMAXに加入中で、「乗り換えしたいけど、解約違約金が高くて困っている」という人はBroadWiMAXかなりおすすめです。

  • 月額料金が高い
  • 充電の持ちが悪くなってきた
  • 端末を最新機種に変えたい

こんなお悩みがある人はブロードワイマックスがおすすめ!

猫太
猫太

他社WiMAXから乗り換えるならBroadWiMAX一択だよ!

乗り換えキャンペーンを利用する方法

  1. 公式サイト上部にある『お申込みする』をクリック
  2. 申込みフォーム上部にある『コンサル受付フォーム』から申し込みを行う
  3. 申し込み完了後、電話がかかってくるので『違約金負担乗換えキャンペーン』を利用したい旨と希望プランや端末を伝える

BroadWiMAXのデメリット

ブロードワイマックス(BroadWiMAX)のデメリットは3つ。

  1. 最安級ではあるものの最安ではない
  2. 3年契約のみ
  3. auスマートバリューmine特典がお得にならない
  4. 初期費用が高い
猫太
猫太

BroadWiMAXに限らず、どのプロバイダも必ずメリットとデメリットがある!でも人によってはそれをデメリットに感じなかったり、うまく回避することもできるんだ。

デメリット1:最安級ではあるものの最安ではない

Broad WiMAXの月額料金は間違いなく最安級ではありますが、私の知る限り最安ではありません。

Broad WiMAXと同じように月額割引キャンペーンを行っているWiMAXプロバイダでBroad WiMAXよりトータルコストを安く抑えるプロバイダがいくつかありますが、特に安いのはGMOとくとくBBです。

WiMAXポケットWiFi料金比較

以下はBroad WiMAXとGMOとくとくBBのギガ放題プランの月額料金をまとめた比較表です。

 Broad WiMAXGMOとくとくBB
申込月~2ヶ月目2,726円2,170円
3~24ヶ月目3,411円3,480円
25~36ヶ月目4,011円3,480円
37ヶ月目以降4,011円4,263円
3年間月額総額131,352円124,830円
実質月額料金3,550円3,374円

※価格は税抜

期間別で比較すると、3~24ヶ月目までと37ヶ月目以降はBroadWiMAXの方が安い価格設定となっています。

一方で25~36ヶ月目までの期間では、Broad WiMAXがGMOとくとくBBより500円以上高い価格設定となっているため、3年間の総額で比較するとGMOとくとくBBの方が料金を安く抑えることができます。

そのため価格の安さで見ると、GMOとくとくBBの方がお得です。

ただし、GMOとくとくBBには「他社違約金負担の乗り換えキャンペーン」は行われていないため、他社WiMAXプロバイダから乗り換えする場合は、BroadWiMAXの方がコストを安く抑えられます。

デメリット2:Broad WiMAX3年契約のみ

最近の傾向としてWiMAXは2年契約から3年契約に以降しています。
そもそもWiMAXを2年契約できるプロバイダがほぼないので、3年契約のみというのもデメリットではありません。

プロバイダによっては2年契約・3年契約を選択できるところもありますが、ブロードワイマックス(BroadWiMAX)の契約期間は3年のみです。

念のため公式サイトのチャットを利用して問い合わせをしてみました。以前は2年契約もあったようですが、今は月額料金の安い3年契約のみにしているということです。

ブロードワイマックス(BroadWiMAX) 契約期間は3年の実

2~3年も経てば新しい端末も発売されるでしょうし、端末の劣化が気になったり最新端末を使いたいユーザーにとって2年契約ができないという点はデメリットに感じる部分です。

一方で、先ほども記載したようにau4LTEを頻繁に使う人にとっては3年契約はメリットの方が大きいです。

デメリット3:auスマートバリューmineがお得でない

猫太
猫太

auユーザー以外の人はスルーしてね。

auスマートバリューmineとは、auスマホやau携帯を使っている人は、WiMAX加入でスマホや携帯料金が最大1,000円割引される、auユーザー限定のWiMAXプロバイダ共通特典です。

鶏太
鶏太

最大1,000円も割引されるのに、どうしてお得じゃないの?

猫太
猫太

BroadWiMAXではauスマートバリューmineを使いたい場合、『auスマホ割プラン』という別の料金プランに加入しなければならないんだよ。
下の表を見てもわかるようにauスマホ割プランは月額最安プランより月額料金が高くなるんだ。
ブロードワイマックス(BroadWiMAX) auスマートバリューmineの落とし穴

おおよその計算ですが

  • ギガ放題では約745円以上
  • ライトでは約764円以上

毎月のスマホ・携帯代が割引されないと得になりません。

割引額はスマホ・携帯の加入プランによって異なります。

ブロードワイマックス(BroadWiMAX) auスマートバリューmine特典について

auスマホ・携帯を上の表の赤枠で囲ってるプランで加入している人は、『auスマホ割プラン』で契約してもお得です。

ただ・・・この後の章でも説明していますが、BroadWiMAXの初期費用(18,857円)を無料にするためには『月額最安プラン』で加入する必要があります。

つまり『auスマホ割プラン』で加入すると初期費用を支払わなければならなず、auスマートバリューmine特典でスマホ・携帯代が最高割引額1,000円引かれたとしても、『月額最安プラン』で契約した方が圧倒的にお得になるんです・・・。

なので『auスマホ割プラン』での契約はおすすめしません・・・。

猫太
猫太

BroadWiMAXではauスマートバリューmine特典はないと考えた方がいい。

デメリット4:初期費用が高い

ブロードワイマックス(BroadWiMAX)の初期費用は18,857円とかなり高額です。

ただしこの初期費用は申し込み方法によって0円にすることができます。

初期費用を0円にする方法

以下の4つの条件をクリアすれば初期費用が0円になります。

  1. WEBから申し込みする
  2. 料金プランを『月額最安プラン』で申し込みする
  3. 支払方法はクレジットカードを選択する
  4. 2つのオプション『安心サポートプラス』『MyBroadサポート』に加入する
    (ルーター到着後、解約可能)

条件のハードルは低いので、ほぼほぼ誰でも0円にすることができます。

ただしここで1つ注意点!

加入必須である2つのオプションのうち、『MyBroadサポート(907円/月)』は2ヶ月目まで無料ですが、『安心サポートプラス(550円/月)』は有料となるため、ルーター到着後すぐに解約しても安心サポートプラスのオプション料は最低1回は必ず請求されます。

この件についても念のため販売会社に確認しておきました。

ブロードワイマックス(BroadWiMAX) 初期費用を0円にする方法

そのため、オプションの支払額を最小限に抑えるためには以下3つのポイントをおさえておきましょう。

  • 端末の受け取りが25日以前になるように申し込みをする
  • 『MyBroadサポート』を端末到着後、翌月25日までに解約する
  • 『安心サポートプラス』を端末到着月の25日までに解約する
猫太
猫太

『安心サポートプラス』のオプション料594円(税込)を初月分払うだけで、初期費用18,857円が無料になるんだ。
ちなみに違約金負担乗換えキャンペーンを利用する人も、同条件で初期費用を無料にすることができるよ。

オプション解約については「オプションの解約方法」の章で説明しています。

BroadWiMAXの速度制限は3つ

ブロードワイマックス(BroadWiMAX)の速度制限がかかる条件は3つあります。

  • ライトプランで上限7GBに達した場合
  • 直近3日間で10GBを超えた場合
  • ハイスピードプラスエリアモードで7GBを超えた場合

これらの速度制限は、BroadWiMAXだけでなくWiMAX共通の速度制限となります。

ライトプランで上限7GBに達した場合

当然ですが、ライトプランは月間のデータ使用量が7GBまでと決められているため、ライトプランで上限7GBを超えると速度制限がかかります。

制限時間当月末まで
制限後の最大通信速度128kbps

128kbpsという速度は、ラインやメールはできますが、高画質の画像や広告が貼られているサイトなどでは読み込みに時間がかかるレベルです。

ライトプランの上限7GBを超えそうな人は、ギガ放題にしておく方がストレスなくネットを利用することができます。

直近3日間で10GBを超えた場合

ハイスピードモードとハイスピードプラスエリアモードのデータ通信量合計が前日までの直近3日間で10GBを超えた場合、以下の速度制限がかかります。

制限時間3日間で10GBを超えた日の※翌日18時頃~翌2時頃まで
制限後の最大通信速度1Mbps

※2時前から継続して利用している通信は、2時以降も最大で6時頃まで速度制限が継続することがあります。その場合は一旦セッションを切断することで速度制限が解除されます。

ブロードワイマックスブロードワイマックス(BroadWiMAX) 速度制限について

  • 速度制限がかかってもその月の間ずっとは続かない。
  • 速度制限がかかった後も、概ね1Mbps程度の速度で使える。

3日間制限は大手キャリアでもよく見かけますが、中でもWiMAXの速度制限はかなり緩いです。

特に制限後の最大通信速度1MbpsというのはYouTubeの動画を標準画質で視聴できるレベル。

通信環境にもよりますが、速度制限中でもLINEやメール、インターネット閲覧、動画視聴などをストレスなく利用することができます。

ハイスピードプラスエリアモードで7GBを超えた場合

LTEオプション(ハイスピードプラスエリアモード)の利用は月間7GB上限です。

7GBを超えた場合、ハイスピードモードとハイスピードプラスエリアモード、両方の通信モードで速度制限が発生します。

制限時間当月末まで
制限後の最大通信速度128kbps

この制限は、たとえギガ放題で申し込みしていたとしても月末まで128kbpsの低速となってしまうのです・・・。

ブロードワイマックス(BroadWiMAX) ハイスピードプラスエリアモードで7GBを超えた場合の速度制限

猫太
猫太

ハイスピードプラスエリアモードで7GBを超えた時の速度制限が一番もったいないパターンだから気を付けて!

ハイスピードプラスエリアの利用量を7GB未満に抑えれば制限はかかりません。

ハイスピードモード⇔ハイスピードプラスエリアモード間の切り替えは自由に行うことができるため、ハイスピードプラスエリアモードは必要な時にだけ切り替えるようにしましょう。

BroadWiMAXを損せずお得に契約する方法

これまで説明してきた部分と重なるところもありますが、この章では実際にブロードワイマックス(BroadWiMAX)を契約する際に、損せずお得に契約するためのポイントをまとめました。

契約前に対応エリアを確認

WiMAX2+の利用エリアは拡大中ですが、山間部などWiMAX2+が使えないエリアもあるためWiMAX2+が利用できるエリアがどうかは契約前に必ず確認してください。

WiMAXエリア確認はこちら

『ピンポイントエリア』で住所から確認する方が確かです。

申し込み

『ピンポイントエリア』で「○」判定が確認できれば、申し込みにすすみましょう。

BroadWiMAX公式サイトの申し込みページで選択する項目は、端末・料金プラン・オプションです。

※平日13時までに申し込みすると即日発送してもらえます。

端末はW06がおすすめ

正直端末選びはそこまでこだわらなくて良い部分ですが、BroadWiMAXはどの端末を選んでも0円なので、最新機種でユーザー満足度も高いW06を選べば間違いありません。

ただし、W06は専用クレードルが販売されていないため、有線LAN接続させたい人はWX05がおすすめです。

猫太
猫太

自宅でホームルーターとして使う場合はHOME L02がおすすめ。

W06

Speed Wi-Fi NEXT W06

メーカーHUAWEI
発売日2019年1月25日
サイズ約128×64×11.9mm
重さ 約125g
最大通信速度ハイスピード
(WiMAX2+)
下り:558Mbps
上り:30Mbps
ハイスピード
プラスエリア
(WiMAX2+,LTE)
下り:1.2Gbps(Wi-Fi接続時:867Mbps)
上り:75Mbps
USBケーブル接続時の通信速度
電池容量3,000mAh
連続通信時間ハイスピード
(WiMAX2+)
ハイパフォーマンス:約7時間10分
スマート:約9時間
バッテリーセーブ:約11時間40分
ハイスピード
プラスエリア
(WiMAX2+,LTE)
ハイパフォーマンス:約5時間
ノーマル:約6時間40分
バッテリーセーブ:約10時間
バッテリー取り外し不可
接続可能台数Wi-Fi:16台
USB:1台
WX05

WiMAX端末人気ランキング WX05

メーカーNEC
発売日2018年11月8日
サイズ約111×62×13.3mm
重さ 約128g
最大通信速度ハイスピード
(WiMAX2+)
下り:440Mbps
上り:30Mbps
ハイスピード
プラスエリア
(WiMAX2+,LTE)

下り:440Mbps
上り:30Mbps

電池容量3,200mAh
連続通信時間ハイスピード
(WiMAX2+)
ハイパフォーマンス:約8.1時間
ノーマル:約11.5時間
エコ:約14時間
ハイスピード
プラスエリア
(WiMAX2+,LTE)
ハイパフォーマンス:約8時間
ノーマル:約10.5時間
エコ:約13.3時間
バッテリー取り外し可能
接続可能台数Wi-Fi:10台
Bluetooth:3台
USB:1台
HOME L02

Speed Wi-Fi HOME L02 スペック・性能

メーカーHUAWEI
発売日2019年1月25日
サイズ約93×93×178mm
重さ 約436g
最大通信速度ハイスピード
(WiMAX2+)
下り:558Mbps
上り:30Mbps
ハイスピード
プラスエリア
(WiMAX2+,LTE)
下り:1Gbps(Wi-Fi接続時:867Mbps)
上り:75Mbps
LANケーブル接続時の通信速度
接続可能台数Wi-Fi:40台(2.4GHz:20台、5GHz:20台)
有線LAN:2台
HOME 01

WiMAX HOME 01 スペック・性能

メーカーNEC
発売日2018年12月7日
サイズ約70×100×155mm
重さ 約338g
最大通信速度ハイスピード
(WiMAX2+)
下り最大:440Mbps
上り最大:30Mbps
ハイスピード
プラスエリア
(WiMAX2+,LTE)
下り最大:440Mbps
上り最大:75Mbps
接続可能台数Wi-Fi:20台(2.4GHz:10台、5GHz:10台)
有線LAN:2台
充電器は他で購入しよう!

ここで言う充電器とはACアダプタのことですが、スマホ等のACアダプタを持っていれば代用することが可能です。

またACアダプタを持っていない場合でも、家電量販店などで数百円で購入することができます。

BroadWiMAXでセット購入すると1,800円もかかるため、充電器は他で購入することをおすすめします。

料金プラン

料金プランで選択しなければならない項目は3つです。

  1. プラン種別
  2. 月額料金プラン
  3. 支払方法
プラン種別は「ギガ放題」がオススメ

ブロードワイマックス(BroadWiMAX) 料金プラン

なぜなら初月~2ヶ月目まではギガ放題プランとライトプランの料金は同じだからです。

なので実際に利用しながらプランを検討することができます。

猫太
猫太

プラン変更は毎月25日までに行えば翌月から適用されるよ。
「ギガ放題は必要ない!」と感じたら、2ヶ月目の25日までに変更すればOK。その後も月に1回までなら何度でもギガ放題⇔ライト間の変更はできるよ。

月額料金プランは「月額最安プラン」を選択

ブロードワイマックス(BroadWiMAX) 月額料金プランの選択

auユーザーの人も「auスマホ割プラン」ではなく「月額最安プラン」を選択してください。

でないと初期費用が無料になりません。

支払方法はクレジットカード

ブロードワイマックス(BroadWiMAX) 支払方法

BroadWiMAXはWiMAXプロバイダの中でも数少ない口座振替ができるプロバイダなのですが、口座振替を選択すると初期費用が0円になりません。

なので支払方法はクレジットカードを選択してください。

オプション

BroadWiMAXには3つのオプションがありますが、「安心サポートプラス」「My Broadサポート」は必ず加入してください。

この2つのオプション加入も初期費用を0円にするための条件となっています。

ブロードワイマックス(BroadWiMAX) オプション

オプションは必要でなければ端末到着後に解約することができます。

猫太
猫太

「安心サポートプラス」は初月から料金が発生するから、端末到着月の25日までに解約すればオプション料は最小限に抑えられる。
「MyBroadサポート」は最大2ヶ月まで無料だから端末到着後、翌月25日までに解約すればOK。

BroadWiMAX契約にかかる必要

上記の方法でBroadWiMAXを契約すれば、月額料金以外にかかる費用は

  • 契約事務手数料の3,000円(税抜)
  • 安心サポートプラスの初月オプション料550円(税抜)

のみとなります。

BroadWiMAXの解約時に気をつけたいポイント

WiMAXプロバイダの多くは更新期間以外に解約すると高額な解約違約金が発生するため、解約の際は必ず更新月に行うようにしてください。

ブロードワイマックス(BroadWiMAX)での解約違約金は下記のようになっています。

継続期間契約解除料
0~12ヶ月まで19,000円
13~24ヶ月まで14,000円
25~36ヶ月まで9,500円
37ヶ月目(更新月)0円
38ヶ月目以降(更新月以外)9,500円
初期費用0円キャンペーン違約金(24ヶ月以内)9,500円

特に24ヶ月以内に解約すると初期費用0円キャンペーンの違約金が別途かかるため注意が必要です。

猫太
猫太

解約の締め日は毎月25日まで。更新月でも25日を過ぎると翌月解約となり契約解除料がかかるから、必ず25日までに手続きを済ませよう。

BroadWiMAX解約方法

解約は電話連絡となります。

電話番号050‐5212‐7322
受付時間11:00 ~ 18:00
(月~土 / 年末年始は除く)

ブロードワイマックス(BroadWiMAX) 電話がつながりやすい時間

時間帯により電話が繋がりにくくなっていますが、火曜日~土曜日の14:00~17:00は比較的繋がりやすくなっています。

WiMAXルーターやSIMカードなどを含め、解約時に返却が必要なものはないため、電話のみで手続きは完了です。

BroadWiMAXは解約した後はいつまで使える?

BroadWiMAXの解約申請を1~25日までに行った場合、当月末日解約となり、当月末までサービスを利用することができます。

(26日以降の申請は、翌月末日での解約となります。)

猫太
猫太

解約月は日割りではなく1ヶ月分の利用料がかるけど、末日まで利用することができるから損にはならないよ。

オプションの解約方法

オプション解約は、BroadWiMAX公式サイトのお客様向けサポートサイトから行います。

  1. サポートサイトにログイン
  2. 「契約内容の変更」を選択し、オプション解約申請フォームボタンをクリック
  3. 必須項目を入力・確認し送信ボタンをクリック
  4. 受付完了の自動返信メールが送られてくる
猫太
猫太

オプション解約はwebから簡単にできるよ。オプション解約の締め日も25日だから、当月扱いで解約させたい場合は25日までに手続きを済ませよう。

Broad WiMAXは8日以内ならキャンセルOK

ブロードワイマックス(BroadWiMAX) 8日以内キャンセルOK

実際に使ってみると「電波が入りづらかった」「思ったような使い心地ではなかった」ということもありますよね。

ブロードワイマックス(BroadWiMAX)には端末到着後8日以内であれば、契約自体をキャンセルできる『初期契約解除制度』というクーリングオフに似た制度があります。

初期契約解除制度を利用しての解約の場合、契約解除料はかかりませんが事務手数料3,000円と端末返却時の送料は負担となります。

キャンセルの流れ

  1. 端末到着後8日以内に電話でキャンセル申請
    (電話番号:050‐5212‐7322、受付時間:月~土 11:00~18:00)
  2. キャンセル申請から7日以内に商品を返送する

キャンセル申請日から7日以内に、端末・SIMカード・保証書・USBケーブル・端末個装箱の5点全てを返却しなければ、機器損害金として端末台20,000円が請求されます。

キャンセル申請後はすぐに返送しましょう。

BroadWiMAXまとめ

ブロードワイマックス(BroadWiMAX)をお得に契約するためには、いくつか注意すべき点がありますが、それらをクリアできれば非常にお得なプロバイダです。

Broad WiMAXのメリットを改めてまとめるとこんな感じ!

  • 月額料金が安い
  • 他社WiMAXの契約違約金を負担してくれる
  • au4GLTE無料
  • 最新端末を0円で使える

特に他社WiMAXを解約する際の違約金を負担してくれる『乗換えキャンペーン』は他にはない特典です。

「月額料金が安いプロバイダに乗り換えたい」「最新機種を使いたい」「バッテリーの持ちが悪くなってきた」などの理由で更新月を待たずに乗り換えしたい人には、Broad WiMAXがおすすめです!

BroadWiMAX 公式サイト

コメント

Top