【GMOとくとくBBWiMAXキャンペーン比較】キャッシュバック・月額割引・得の極み比べてみた

ポケットWi-Fi プロバイダ

GMOとくとくBB高額キャッシュバック&月額割引継続中!

2019年10月更新!GMOとくとくBBキャンペーン推移

GMOとくとくBBWiMAX2+は、ポケットWi-Fiで人気の高いWiMAXプロバイダの1つです。

WiMAXプロバイダはどこもUQコミュニケーションズ株式会社の回線を利用しているため、どのプロバイダと契約しても理論上の最大通信速度や使えるエリアに違いはありません

「じゃぁ何が違うの?」ということになるのですが、各プロバイダによって料金プランや契約できる端末、そして行っているキャンペーンが違います。

中でもGMOとくとくBBは高額キャッシュバックでユーザーからの人気を集めています。

・・が!実はGMOとくとくBBにはキャッシュバック以外にも月額割引、得の極みというキャンペーンがあり、計3つのキャンペーンが開催されています。

GMOとくとくBB 2019年2月~キャンペーン詳細

GMOとくとくBBWiMAXはキャッシュバックキャンペーンに注目されがちですが、月によっては他のキャンペーンの方がお得になることもあるため、契約前には一通りのキャンペーンを比較することをおすすめします!

キャッシュバック・月額割引・得の極み3キャンペーンの特徴と選ぶポイント

  • キャッシュバック
    最大34,500円の高額キャッシュバックがあり、他のWiMAXプロバイダも含め実質月額料金が最安級!
    実質月額料金を安くしたい人におすすめ!
  • 月額割引
    毎月の支払を安く抑えたい人におすすめ!
  • 得の極み
    初月~2ヶ月までの支払額が激安!
    ただしキャッシュバック・月額割引に比べるとキャンペーンのお得度は低い。

以前までは得の極みもお得なキャンペーンでしたが、2018年11月に行われたキャンペーンの改訂でお得度がグンと下がってしまいました・・・。

そのためGMOとくとくBBのキャンペーンは「キャッシュバック」or「月額割引」がおすすめです。

猫太
猫太

キャッシュバックや月額割引のキャンペーンは他社WiMAXプロバイダもやっているけどGMOとくとくBBほど利用料金の安さを追求しているプロバイダはないよ!
その証拠にGMOとくとくBBはほぼ毎月キャンペーンの見直しが行われているんだ。

GMOとくとくBBの中で「キャッシュバック」「月額割引」どちらのキャンペーンを選ぶかで契約期間中のトータルコストは変わってきますが、両キャンペーンとも他のプロバイダと比べて価格は激安です。

「月額料金を安く抑えたい!」という人は、GMOとくとくBBWiMAXを選べばまず失敗はありません。

実質月額料金の安さで選ぶなら「キャッシュバックキャンペーン」

2019年8月のキャンペーンでは、選ぶ端末の種類・プランによっては実質月額料金も月額割引キャンペーンの方が安くなる場合があります。

実質月額料金の安さで選ぶなら、「キャッシュバックキャンペーン」がおすすめです。

2019年8月の最高キャッシュバック額は35,000円です。

キャッシュバックを受け取ることで、ギガ放題の3年間の実質的な月額料金は3,300円ほどとなります。

この料金でデータ量が使い放題というのは激安です。

実質月額料金比較表

キャッシュバックキャンペーンの注意点

キャッシュバックは契約からおよそ1年後に「キャッシュバックの振込口座などの申請」を行ってから振り込みとなるため、契約してすぐに貰えわけではありません。

鶏太
鶏太

1年後なんて遅すぎじゃないかい?

猫太
猫太

そうだね。でも契約後すぐにキャッシュバックするとキャッシュバックだけ貰ってすぐに契約を解約してしまう人が出てきてしまうからこれは仕方のないことなんだ。

鶏太
鶏太

なるほどね。
でも1年後にキャッシュバックの申請を忘れちゃわないか心配だよ?

猫太
猫太
申請期間がきたら事前にメールで知らせてくれるようになっているからそこまで心配する必要はないんだ。
でもメールチェックは忘れないようにしなきゃだね。
キャッシュバックのお知らせメールは、端末発送月から起算して11ヶ月目に送信されます。
そして申請期間はメールが届いてから翌月末日までです。
期間内にキャッシュバックの振込口座などについて返信し、銀行口座には申請を行った翌月末日(営業日)に指定口座に振り込まれます。

毎月の支払を安く抑えたいなら「月額割引」

2019年6月のGMOとくとくBBの月額割引キャンペーンには5,000円のキャッシュバックも付いています。

5,000円のキャッシュバック受け取りにより、最新機種「WX05」または「W06」を選んだ場合、わずかですが月額割引キャンペーンの方が実質月額料金が安くなります。

また毎月の支払いも初月~2ヶ月目までは1,439円、3ヶ月目~36ヶ月目までは783円、キャッシュバックキャンペーンより月額料金が安くなるため、毎月の支払額を安く抑えた人にもおすすめです。

実質的な月額料金はキャッシュバックキャンペーンの方が安くなりますが、月々の支払額は月額割引の方が安くなります。

また月額割引キャンペーンはキャッシュバックのように契約後に何か手続きをする必要はないので、契約後にあれこれ手続きをするのは面倒・・・という人にもおすすめです。

実質月額料金比較表

GMOとくとくBBWiMAXの契約プラン

猫太
猫太

通信量や端末など、プランはすでに決まっているという人はスルーでOK。
次の章「GMOとくとくBBキャンペーン比較表」をチェックしてね。

通信量「ギガ放題・ライトプラン」

ギガ放題は月間のデータ容量に上限がないプラン。

ライトプランは月間の通信量が7GB上限となっているプランです。

動画はほとんど見ない、使用はLINEやインターネット閲覧がほとんどという場合は、ライトプランでも十分。

動画を頻繁に視聴したり家でも外でもデータ容量を気にせず使いたいという人はギガ放題がおすすめです。

猫太
猫太

ギガ放題⇔ライト間は、手数料なし・月単位でプラン変更が可能。
キャッシュバックと月額割引キャンペーンは、初月~2ヶ月目までギガ放題とライトの月額料金が同じだから、迷っているならとりあえずギガ放題がおすすめ。

契約期間「2年・3年」

※2018年12月よりGMOとくとくBBは3年契約のみになりました。

3年契約のメリットはLTEオプション(1,005円/月)を無料で使えるということです。

LTEオプションとは

LTEオプションを使うと、回線がWiMAX2+だけでなくau4G LTEも使える「ハイスピードプラスエリアモード」が利用できるようになります。
LTEオプションを利用するために別途オプション申し込みは必要なく、端末上で通信モードを「ハイスピードプラスエリアモード」に設定するだけで回線が切り替わります。
ちなみにWiMAX2+のみの通信モードは「ハイスピードモード」です。

WiMAX2+は電波の特性上、山間部や地下街、地下鉄などでは繋がりにくいという弱点があります。

一方でau4GLTEはこういった場所でも繋がりやすく、万が一、WiMAX2+回線が繋がりにくくなった時に役立ちます。

端末「W06・WX05・W05・HOME L02・HOME01」

現在GMOとくとくBBWiMAXで使える端末はポケットWiFiルーター4機種、ホームルーター2機種の計機種つです。

  • W06
  • WX05
  • W05
  • HOMEL02
  • HOME01

ポケットWiFiルーター

W06

Speed Wi-Fi NEXT W06

約128×64×11.9mm/約125g

メーカーHUAWEI
発売日2019年1月25日
最大通信速度ハイスピード
(WiMAX2+)
下り:558Mbps
上り:30Mbps
ハイスピード
プラスエリア
(WiMAX2+,LTE)
下り:1.2Gbps(Wi-Fi接続時:867Mbps)
上り:75Mbps
USBケーブル接続時の通信速度
電池容量3,000mAh
連続通信時間ハイスピード
(WiMAX2+)
ハイパフォーマンス:約7時間10分
スマート:約9時間
バッテリーセーブ:約11時間40分
ハイスピード
プラスエリア
(WiMAX2+,LTE)
ハイパフォーマンス:約5時間
ノーマル:約6時間40分
バッテリーセーブ:約10時間
バッテリー取り外し不可
接続可能台数Wi-Fi:16台
USB:1台
WX05

WiMAX端末人気ランキング WX05

約111×62×13.3mm/約128g

メーカーNEC
発売日2018年11月8日
最大通信速度ハイスピード
(WiMAX2+)
下り:440Mbps
上り:30Mbps
ハイスピード
プラスエリア
(WiMAX2+,LTE)

下り:440Mbps
上り:30Mbps

電池容量3,200mAh
連続通信時間ハイスピード
(WiMAX2+)
ハイパフォーマンス:約8.1時間
ノーマル:約11.5時間
エコ:約14時間
ハイスピード
プラスエリア
(WiMAX2+,LTE)
ハイパフォーマンス:約8時間
ノーマル:約10.5時間
エコ:約13.3時間
バッテリー取り外し可能
接続可能台数Wi-Fi:10台
Bluetooth:3台
USB:1台

W06にはUSBケーブルが同梱されていませんが、TypeC変換コネクタは同梱されているのでandroidスマホ等のmicroUSBケーブルをお持ちであれば充電することができます。

その他、USB3.0ケーブル TYPE-C/USB-Aでも充電は可能です。

W05

WiMAX端末人気ランキング W05

約130×55×12.6mm

メーカーHAUWEI
発売日2018年1月19日
最大通信速度ハイスピード
(WiMAX2+)
下り:558Mbps
上り:30Mbps
ハイスピード
プラスエリア
(WiMAX2+,LTE)
下り:758Mbps
上り112.5Mbps
電池容量2,750mAh
連続通信時間ハイスピード
(WiMAX2+)
ハイパフォーマンス:約6時間30分
ノーマル:約9時間
バッテリーサービス:約10時間30分
ハイスピード
プラスエリア
(WiMAX2+,LTE)
ハイパフォーマンス:約4時間20分
ノーマル:約6時間30分
バッテリーセーブ:約9時間10分
バッテリー取り外し不可
接続可能台数Wi-Fi:10台
Bluetooth:3台
USB:1台
WX04

※GMOとくとくBBでWX04の取り扱いは終了しました。

WiMAX端末人気ランキング WX04

約111×62×13.3mm/約128g

メーカーNEC
発売日2017年11月1
最大通信速度ハイスピード
(WiMAX2+)
下り:440Mbps
上り:30Mbps
ハイスピード
プラスエリア
(WiMAX2+,LTE)
下り:440Mbps
上り:30Mbps
電池容量3,200mAh
連続通信時間ハイスピード
(WiMAX2+)
ハイパフォーマンスモード:約8.1時間
ノーマルモード:約11.5時間
エコモード :約13.8時間
ハイスピード
プラスエリア
(WiMAX2+,LTE)
ハイパフォーマンスモード:約8時間
ノーマルモード :約10.5時間
エコモード :約13時間
バッテリー取り外し可能
接続可能台数Wi-Fi:10台
Bluetooth:3台
USB:1台

ホームルーター

HOME L02

Speed Wi-Fi HOME L02 スペック・性能

約93×93×178mm/約436g

メーカーHUAWEI
発売日2019年1月25日
最大通信速度ハイスピード
(WiMAX2+)
下り:558Mbps
上り:30Mbps
ハイスピード
プラスエリア
(WiMAX2+,LTE)
下り:1Gbps(Wi-Fi接続時:867Mbps)
上り:75Mbps
LANケーブル接続時の通信速度
接続可能台数Wi-Fi:40台(2.4GHz:20台、5GHz:20台)
有線LAN:2台
HOME 01

WiMAX HOME 01 スペック・性能

約70×100×155mm/約338g

メーカーNEC
発売日2018年12月7日
最大通信速度ハイスピード
(WiMAX2+)
下り最大:440Mbps
上り最大:30Mbps
ハイスピード
プラスエリア
(WiMAX2+,LTE)
下り最大:440Mbps
上り最大:75Mbps
接続可能台数Wi-Fi:20台(2.4GHz:10台、5GHz:10台)
有線LAN:2台

端末のスペックは気にしなくていい

それぞれの端末スペックに違いはありますが、新しい機種であればスペックに関してはそこまでこだわらなくて良いです。

特に通信速度の違いに関しては気になる人も多いかもしれませんが、端末ごとの通信速度はあくまで理論上の最大速度であり、最も大切なのは実効速度(実際に使った時に出る速度)です。

実効速度は通信環境やネットワークの混雑状況などで変わるため、最大速度が出ることはほぼ100%ありえません。

だからどの端末を選んでもそこまで大差あるものではないんです。

猫太
猫太

10~20Mbps以上あれば動画視聴などもストレスなくできるから、どの端末を選んでも問題なし!

POINT

今現在のファーウェイ製とNECの最新ポケットWiFiルーター・ホームルーターは「W06」「WX05」「HOME L02」「HOME01」です。
基本的にこの4機種の中から選べば間違いありません。

またキャッシュバックキャンペーンでは最新機種ではないものの高性能機種である「W05」を選ぶことができます。

猫太
猫太

2019年8月のキャンペーンではキャッシュバックのW05を選ぶと破格の安さでポケットルーターを持つことができるよ。
最新機種へのこだわりがなければW05がおすすめ!

クレードルは必要?不要?

クレードルとはスタンド型の拡張機器で、置くだけで充電したり、クレードル本体に有線LANを繋げることで無線LANが内蔵されていないパソコンでもインターネットに接続したりすることができるようになります。

UQ公式サイトではW06はクレードル非対応となっていますが、W05のクレードルを代用することも可能です。
W05のクレードル機能

  • 充電スタンド
  • 有線LAN接続
  • 固定回線の無線化
  • 拡張アンテナ搭載で通信性能のアップ
  • ビームフォーミング機能搭載(対応子機(PCやスマホ)に向けて集中的に電波を送信でき、通信速度が向上する)
WX05のクレードル機能

  • 充電スタンド
  • 有線LAN接続
  • 固定回線の無線化
  • ハイパフォーマンスモードへの自動切り替え(ハイパフォーマンスモードとは、WiMAX回線をフルに使えるモードのこと)

クレードルがあった方が良い人は、有線LANで接続させたい方や、家に固定回線をひいている方。インテリアとして端末充電中もスッキリ見せたい方です。

猫太
猫太

充電はクレードルなしでもできるから絶対に必要なものではないよ。
クレードルの定価は3,000~3,500円前後。
Amazonや楽天等の通販サイトでもクレードルは販売されているから、もしも購入を迷っているなら「実際に使い始めてから本当に必要なら購入する」という形でも良いよ。

GMOとくとくBBキャンペーン比較表【2019年10月】

猫太
猫太

2019年10月の最高額キャッシュバックはポケットWiFiルーター「W05」の34,500円!

キャッシュバック・月額割引・得の極み3キャンペーンを利用後の月額料金を比較しました。

ポケットWiFiルーター【ギガ放題プラン】比較表

キャッシュバックキャンペーンはクレードル有・無でキャッシュバック額が変わります。

そのため月額割引と得の極みもクレードルを購入した場合と購入しなかった場合、両方の実質月額料金を算出しました。

クレードル無し

キャンペーンキャッシュバック
月額割引得の極み
端末W06
WX05
W05W06
WX05
W05
W06
WX05
初月(日割り)3,609円
2,170円800円
1ヶ月目
2ヶ月目3,480円
3~24ヶ月目4,263円
3,480円
25~36ヶ月目4,263円
37ヶ月目4,263円
3年間総額155,769円
124,830円132,796円
キャッシュバック34,500円34,500円なしなし
実質総額121,269円121,269円124,830円132,769円
実質月額料金3,278円3,278円3,374円3,589円

※ 価格は税抜き
※ 初期費用は一律3,000円
※ 実質月額料金=(契約期間(初月+36ヶ月)-キャッシュバック)÷37ヶ月

得の極みは初月~2ヶ月目までは月額800円と劇的に安いですが、その後の割引額が月額割引に比べて小さく、またキャッシュバックもないため最終的な実質月額料金がキャッシュバック・月額割引キャンペーンに比べてグンと高くなります。

そのため得の極みキャンペーンのお得度はかなり低いです。

そして2019年10月のキャンペーンでは、最新機種であるW06またはWX05を選んだ場合、キャッシュバックキャンペーンと月額割引キャンペーンの実質総額は3年間では3,000円ほどしか変わらないという結果になりました。

猫太
猫太

2019年10月は、最新機種「W06」「WX05」のキャッシュバックキャンペーンと月額割引キャンペーンのお得度に大差なし!
なので「W06」「WX05」を選ぶなら、僕のおすすめは確実に毎月の支払額を安く抑えられる月額割引キャンペーン!
そして実質支払額を安く抑えたいならキャッシュバックキャンペーンの「W05」がおすすめ!

クレードル有り

キャンペーンキャッシュバック月額割引得の極み
ポケットWiFi端末WX05W05
売り切れ
WX05W05
売り切れ
WX05
キャッシュバック30,000円なしなし
実質総額125,769円128,516円136,482円
実質月額料金3,399円3,473円3,689円

※ 価格は税抜き
※ 初期費用は一律3,000円

※ 実質月額料金=(契約期間(初月+36ヶ月)-キャッシュバック)÷37ヶ月
※ クレードル定価(WX05:3,686円)(W05:3,290円)

猫太
猫太
クレードルを同時購入する場合も、最新機種「WX05」ならキャッシュバックキャンペーンと月額割引キャンペーンのお得度に大差なし!

ポケットWiFiルーター【ライトプラン】比較表

ライトプランでもクレードル有・無、両バージョンでキャッシュバック・月額割引・得の極み3キャンペーンを比較しました。

クレードル無し

キャンペーンキャッシュバック
月額割引得の極み
端末W06
WX05
W05W06
WX05
W05
W06
WX05
初月(日割り)3,609円
2,170円800円
1ヶ月目
2ヶ月目2,900円
3~24ヶ月目2,690円
25~36ヶ月目3,609円
37ヶ月目3,609円
3年間総額133,533円
97,970円111,608円
キャッシュバック34,500円34,500円なしなし
実質総額99,033円99,033円97,970円111,608円
実質月額料金2,677円2,677円2,648円3,016円

※ 価格は税抜き
※ 初期費用は一律3,000円

※ 実質月額料金=(契約期間(初月+36ヶ月)-キャッシュバック)÷37ヶ月

猫太
猫太
ライトプランでは、最新機種「W06」「WX05」を選んだ場合、キャッシュバックキャンペーンより月額割引キャンペーンの方が実質月額料金も安くなるよ!

クレードル有り

キャンペーンキャッシュバック月額割引得の極み
ポケットWiFi端末WX05W05
売り切れ
WX05W05
売り切れ
WX05
キャッシュバック30,000円なしなし
実質総額103,533円101,565円115,294円
実質月額料金2,798円2,747円3,116円

※ 価格は税抜き
※ 初期費用は一律3,000円
※ 実質月額料金=(契約期間(初月+36ヶ月)-キャッシュバック)÷37ヶ月
※ クレードル定価(WX05:3,686円)(W05:3,290円)

猫太
猫太
ライトプランのクレードル有りも、最新機種「W06」「WX05」はキャッシュバックキャンペーンより月額割引キャンペーンを選んだ方が実質月額料金が安くなる!

ホームルーター【ギガ放題】比較表

キャンペーンキャッシュバック
月額割引得の極み
端末HOME01HOMEL02HOME01
HOMEL02
HOME01
HOMEL02
初月(日割り)3,609円2,170円800円
1ヶ月目
2ヶ月目3,480円
3~24ヶ月目4,263円 3,480円
25~36ヶ月目4,263円
37ヶ月目4,263円
3年間総額155,769円 124,830円132,796円
キャッシュバック31,600円31,600円なしなし
実質総額124,169円124,169円 124,830円132,796円
実質月額料金3,356円3,356円 3,374円3,589円

※ 価格は税抜き
※ 初期費用は一律3,000円
※ 実質月額料金=(初期費用+契約期間(初月+36ヶ月)-キャッシュバック)÷37ヶ月

ホームルーター【ライトプラン】比較表

キャンペーンキャッシュバック
月額割引得の極み
端末HOME01HOMEL02HOME01
HOMEL02
HOME01
HOMEL02
初月(日割り)3,609円
2,170円800円
1ヶ月目
2ヶ月目2,900円
3~24ヶ月目2,690円
25~36ヶ月目3,609円
37ヶ月目3,609円
3年間総額133,533円
97,970円111,608円
キャッシュバック31,600円31,600円なしなし
実質総額101,933円101,933円97,970円111,608円
実質月額料金2,755円2,755円2,648円3,016円

※ 価格は税抜き
※ 初期費用は一律3,000円

※ 実質月額料金=(初期費用+契約期間(初月+36ヶ月)-キャッシュバック)÷37ヶ月

猫太
猫太
ホームルーターも、ギガ放題プランはキャッシュバックキャンペーンと月額割引キャンペーンのお得度はあまり変わらない!
ライトプランは月額割引キャンペーンの方がトータルコストが4,000円ほど安くなる!

auユーザー共通特典【auスマートバリューmine】とは

auスマートフォンまたはau携帯を使っている人は、GMOとくとくBBWiMAX加入で、auスマホまたはau携帯の月額料金が最大1,000円割引される『auスマートバリューmine』特典があります。

auスマートバリューmineはWiMAX共通の特典のため、GMOとくとくBBWiMAX以外のプロバイダに加入しても適応されます。

が、中にはWiMAXプロバイダの中でもauスマートバリューmine特典に未対応のプロバイダもあるため、auユーザーの方はauスマートバリューmineの特典が適応されるかどうかも要チェックです!

UQ mobileユーザー共通特典【ギガMAX月割】とは

ギガMAX月割とは、UQ mobileを使っている方がGMOとくとくBBWiMAXをセットで利用することで、UQ mobileの利用料金が毎月300円割引になる特典です。

ギガMAX月割は、2019年3月から開始された新しい割引サービスです。

UQmobileの「ぴったりプランS/M/L」または「おしゃべりプランS/M/L」に加入している方はギガMAX月割を利用することができるので、お近くのUQmobile取扱店か「my UQ mobile」よりWEBで手続きをしてください。

GMOとくとくBBWiMAXの初期費用

キャンペーン・月額割引・得の極み各キャンペーンともに、申込時にかかる費用は事務手数料の3,000円のみです。

初期費用・端末代金・送料は無料となっているため、始めにびっくりするくらいの金額が請求されることはありません。

20日以内であれば解約違約金無料キャンセル可能

通常であれば初期契約解除制度を除き、更新月以外の解約は解約違約金が発生します。

が、GMOとくとくBBでは初期契約解除の申請期限である「端末が到着した日から起算して8日」を過ぎても、申し込みから20日以内であれば解約違約金なしでキャンセルすることが可能です。

ただし、「20日以内の解約違約金無料キャンセル」が適用されるのは、ピンポイントエリア判定が「◯」のみだった場合が対象。

(※初期契約解除を利用する場合はピンポイントエリア判定の結果は関係ありません。)

つまり、WiMAX2+回線の利用エリアに問題がないにも関わらず満足なWiFi利用ができなかった場合のみに限られるので、この点は注意が必要です。

猫太
猫太

ピンポイントエリア判定では、自宅やオフィス等特定の場所のサービスエリアを「○△×」でエリア判定をしてくれるよ。

鶏太
鶏太

「○」なのに繋がりにくいことがあるの?

猫太
猫太

WiMAX2+のエリアは拡大中だけど、建物内の奥まった場所や地下街・地下鉄など繋がりにくい場所もあるんだ。

GMOとくとくBBWiMAXに限らず、ポケットWiFiは実際に使ってみると利用環境によっては繋がりにくい、速度が遅いなど「思っていた使い心地ではなかった・・・」ということもあるかと思います。

GMOとくとくBBWiMAXなら、20日以内の解約違約金無料キャンセルがあるので安心です。

GMOとくとくBBWiMAXは最短即日発送

選ぶ端末にもよりますが、GMOとくとくBBWiMAXでは

  • 平日15時30まで
  • 土日祝日14時まで

の申し込み完了で即日発送してもらうことも可能です。

即日発送を希望する場合は、申し込みフォームの『WiMAX端末の発送方法』の項目で『即日発送』にチェックを入れてください。

GMOとくとくBBWiMAX 即日発送

猫太
猫太

即日発送にしても送料は無料だよ。
急いでいる人は「即日発送」を忘れずにチェック!

GMOとくとくBBWiMAXのキャンペーンまとめ

GMOとくとくBBWiMAXで現在行われている3つのキャンペーン

  • キャッシュバック
  • 月額割引
  • 得の極み

を全プランで比較してみました。

2019年10月のキャンペーン情報では、得の極みキャンペーンのお得度はかなり低くなっているのでおすすめしません。

一方でキャッシュバックキャンペーン&月額割引キャンペーンのお得度はかなり高いです。

これまでは実質月額料金の安さで選ぶなら「キャッシュバックキャンペーン」の方が断然お得でしたが、2019年10月のキャンペーンでは機種・プランによっては実質月額料金の安さ・月々の支払額の安さどちらで選んでも「月額割引キャンペーン」の方が安くなる場合があります。

そのためキャッシュバックと月額割引のキャンペーンのお得度に大差がないのであれば、確実に毎月の支払額を安く抑えられる月額割引キャンペーンがおすすめです。

ただし「W05」のギガ放題プランに関しては、月額割引キャンペーンよりキャッシュバックキャンペーンを選んだ方が4,000円ほどトータルコストを安く抑えられるため、実質的な支払額を安く抑えたいという方は「W05」のキャッシュバックキャンペーンがおすすめです!

コメント

Top