ケーズデンキのWiMAXはおすすめ?ポケットwifiキャンペーン比較!

ケーズデンキWiMAX「KTWiMAX」 公式サイト ポケットWi-Fi プロバイダ

ケーズデンキは全国展開する家電量販店です。

キャリアのスマホ・携帯だけでなく、ポケットWiFiの取り扱いもあり、WiMAXを契約することも可能です。

WiMAXはケーズデンキのような実店舗販売だけでなく、WEB販売も行っていて各プロバイダ特有の様々なキャンペーンが行われているのが魅力です。

そこで今回はケーズデンキWiMAXのキャンペーンだけでなく、他社プロバイダのキャンペーン等も比較しつつ、ケーズデンキでのWiMAX契約は果たしてお得なのか?という点について解説していきたいと思います!

ケーズデンキWiMAXとは

ケーズデンキのWiMAXは「KTWiMAX」というサービス名で提供されています。

WiMAXとは高速かつ大容量のモバイルブロードバンド通信方式の1つで、WiMAXの利用可能エリアであれば自宅だけでなく、外出先や職場でもインターネットを利用することができます。

WiMAX利用可能エリア

回線工事や別途プロバイダとの契約は必要なく、端末の電源を入れるだけですぐに使うことができるのがWiMAXの魅力です。

ケーズデンキWiMAXの契約は店頭のみ

ケーズデンキのWiMAX「KTWiMAX」は全国のケーズデンキで契約することができます。

(2018年11月現在、ネットからKTWiMAXを申し込みすることはできません。)

ケーズデンキの店舗は北海道から沖縄まで全国展開されています。

近くのケーズデンキ店舗を検索

支払方法はクレジットカードのみ

ケーズデンキでWiMAXを申し込みした場合、支払方法はクレジットカードのみとなっています。

KTWiMAXに限ったことではありませんが、WiMAXプロバイダの多くが支払方法はクレジットカードのみとなっていて、口座振替できるプロバイダはとても限られています。

2018年現在、WiMAXで口座振替できるプロバイダは3社のみです。

  • BIGLOBE WiMAX
  • Broad WiMAX
  • UQ WiMAX

月額料金の安さで言うと、断トツでBIGLOBE WiMAXがおすすめです。

解約違約金について

継続期間解約違約金
初月~12ヶ月目19,000円
13ヶ月~24ヶ月目14,000円
25ヶ月目以降9,500円
更新月0円

更新月は課金開始月(申し込み月)を初月、その翌月を1ヶ月目として

  • 2年契約・・・25ヶ月目
  • 3年契約・・・37ヶ月目
  • 4年契約・・・49ヶ月目

となります。

解約の申し出をしなければ自動更新となり、次回の更新月以外は解約違約金が発生するようになっています。

これはキャリアスマホ等の2年縛りと同じ仕組みですね。

KTWiMAXに限らず他社WiMAXプロバイダも同様の解約違約金は発生するため、解約は必ず更新月で行いましょう。

ケーズデンキ WiMAXの料金プラン

プラン名契約期間月額料金
KTフラット ツープラス
ギガ放題
2年、3年4,380円
期間なし5,880円
KTフラット ツープラス2年、3年3,696円
期間なし5,196円
KTフラット ツープラス
ギガ放題
(auスマホ割)
2年4,380円
KTフラット ツープラス
(auスマホ割)
2年3,696円
4年3,696円

各プラン申し込み時に3,000円の登録料が必要となります。

KTフラット ツープラス ギガ放題

「KTフラット ツープラス ギガ放題」は、月間データ量上限なしのWiMAXの中で最も人気のあるプランです。

契約期間は2年、3年、期間なしから選択することができますが、「期間なし」はかなり割高となるため契約縛りがあっても2年または3年契約がおすすめです。

基本的には契約期間が短い2年がおすすめですが、3年プランであればau4GLTE利用時に発生するオプション料1,005円/月が無料となる特典があります。

 au4GLTEオプションとは

au4GLTEとは回線を『ハイスピードプラスエリアモード(WiMAX2+/au4GLTE)』に切り替えるオプションのことで、標準は『ハイスピードモード(WiMAX2+)』になっています。
回線の切り替えは端末上で行うことができ、必要な時に利用できるようになっています。
オプション申し込みは必要なく、ハイスピードプラスエリアモードを利用した月にのみ1,005円のオプション料が発生する仕組みです。

WiMAX2+は電波の特性上、どうしても地下街や地下鉄、ビルの高層階などでは繋がりにくくなることがありますが、au4GLTEはこういった場所でも繋がりやすく、WiMAX2+が万が一繋がりにくくなった緊急時に役立ちます。

そのためこういった場所で利用することが多い人は3年契約がおすすめです。

また課金開始月を含む月を1ヶ月目とし、3ヶ月間は684円割引が適用されるため、3か月間は「KTフラット ツープラス」と同じ3,696円で利用することができるというメリットもあります。

KTフラット ツープラス

KTフラット ツープラスは月間データ量が7GB上限となっていて、ライトユーザーにおすすめのプランです。

KTフラット ツープラスの契約期間も2年、3年、期間なしから選択することができますが、期間なしは料金が割高となるためおすすめしません。

KTフラット ツープラス ギガ放題と同じく基本的には2年契約がおすすめで、au4GLTEを頻繁に使う可能性がある人は3年契約がおすすめです。

auスマホ割「auスマートバリューmine」

auのスマホ・携帯を利用中の方は、ケーズデンキのWiMAXに加入することで、auスマホ等の利用料金が最大1,000円/月割引となる「auスマートバリューmine」を利用することができます。

  • auスマホ・au携帯の利用料金が最大1,000円/月割引
  • au4GLTEのオプション料1,005円/月が無料
  • KTフラット ツープラス(auスマホ割4年)の場合、月間データ量制限なしで使える

「auスマートバリューmine」に申し込みするとau・携帯代が安くなるだけでなく、通常であれば3年契約しないと無料にならないau4GLTEのオプション料が契約期間にかかわらず無料となります。

また契約期間は少し長くなりますが、auスマホ割4年に加入することで、通常であれば7GB上限である「KTフラット ツープラス」の料金(3,696円)のまま、月間データ容量制限なしで利用できるようになり非常にお得です。

とんぼさん
とんぼさん

「auスマートバリューmine」対象のauスマホ・携帯プランはau公式ページで確認してね!

auスマートバリューmineが使えるのは以下の料金プランのKTWiMAXに加入した場合です。

  • KTフラット ツープラス ギガ放題(3年)
  • KTフラット ツープラス(3年)
  • KTフラット ツープラス ギガ放題(auスマホ割 2年)
  • KTフラット ツープラス(auスマホ割2年/4年)

auスマートバリューmineは、WiMAX加入後に「KDDlお客様センター」に電話をするか、お近くのauショップに行って申し込み手続きをします。

ただすでにauスマホ等+ネットや電話等の固定通信サービスの併用で割引が受けられる「auスマートバリュー」の割引サービスを受けている方は、「auスマートバリューmine」は受けられませんのでご注意を!!

ケーズデンキ WiMAXのキャンペーン

KTWiMAX加入時にケーズデンキで5,400円以上のパソコンやタブレット等の家電製品をはじめ、気になる商品を購入すると、最大5,400円、商品代金相当分が値引きされるという特典がついています。

ケーズデンキ KTWiMAX キャッシュバックキャンペーン詳細

キャッシュバック最大5,400円
対象プランKTフラット ツープラス ギガ放題(2年/3年)
月額料金4,380円

月額料金は通常の「KTフラット ツープラス ギガ放題」を申し込みした時と変わらず、気になる家電製品をお得にゲットすることができます。

ただし、ケーズデンキのキャンペーンは定期的に変わるため、事前に最寄りの店舗へ行くか電話等で確認することがおすすめです。

ちなみに、1週間ほど前まではこんなキャンペーンでした↓

ケーズデンキ KTWiMAX キャッシュバックキャンペーン詳細1

時期によっては50,000円の高額キャッシュバックを行っていることもありますが、高額キャッシュバックは月額料金が通常より高くなってしまうことが多いので注意が必要です。

高額キャッシュバックに要注意!まとめてプランとは?

この場合のキャンペーンを例にとると、月額料金が5,927円となっていて、通常の「KTフラット ツープラス ギガ放題(4,380円)」より価格が高くなっていることがわかります。

これは「KTフラット ツープラス ギガ放題(4,380円)」に加え「まとめてプラン1670(T8)」の契約も必須となっているためで、月々1,547円が加算されます。

「まとめてプラン」とは、タブレットやパソコン等の商品とWiMAXルーターをセットで購入する際に通常よりも安い初期費用で購入できるオプションサービスということになっていますが、正直全くお得ではないので要注意です(^^;

まとめてプランには全3種類あります。

WiMAX まとめてプランの料金プラン

まとめてプラン500月々463円加算
まとめてプラン1100月々1,019円加算
まとめてプラン1670月々1,547円加算

まとめてプランはすべて2年契約となっていて、上記表の金額が購入月の翌月から24か月間、月々の料金に加算され、キャッシュバック額が多いほど加算額も多くなる仕組みになっています。

まとめてプラン1670だと【1,547円×24ヶ月=37,128円】が通常料金より高くなり、【50,000円(キャッシュバック)-37,128円】で実質的なキャッシュバック額は12,872円となります。

そこへ50,000円以上の商品購入が条件となるため、50,000円-12,872円の差額37,1287円分は自分のポケットマネーから出ているようなものなんです(^^;

そのため、キャッシュバック額は安くても月額料金が変わらないキャンペーンの方がおすすめです。

とんぼさん
とんぼさん

高額還元キャンペーンの時は、月額料金が通常プランと変わらないかチェックしよう!

まとめてプランはケーズデンキ特有のものではなく、WiMAX共通のオプションサービスです。

WiMAXを取り扱いしている家電量販店ではよく行われているキャンペーンですので、高額キャッシュバックキャンペーンは内容をよく確認するようにしてください。

まとめてプランの解除料

ケーズデンキWiMAXの解約違約金についてはすでに先述しましたが、まとめてプランの契約期間、2年以内にプラン変更や解約をした場合は、別途まとめてプランの解除料がかかります。

まとめてプラン500解除料

WiMAXまとめてプラン500 解除料

まとめてプラン1100解除料

WiMAXまとめてプラン1100 解除料

まとめてプラン1670解除料

WiMAXまとめてプラン1670 解除料

短期間で解約する人はあまりいないと思いますが、まとめてプランの解除料はかなり高額なので注意してください。

ケーズデンキ WiMAXの端末

実際に最寄りのケーズデンキへ行ってみましたが、ケーズデンキでのWiMAX取り扱い端末は比較的豊富で、WiMAX最新機種であるWX05もしっかり取り扱いされていました。

ケーズデンのWiMAX取り扱い端末 WX05

他にはW05、W04、WX04等があり、HUAWEI製とNEC製どちらの最新機種も揃っています。

個人的なおすすめはW05ですが、新しい機種だと端末代金が0円にならないこともあるので料金と相談しながら決めてくださいね。

ケーズデンキ WiMAXの口コミ・評判

調べてみたところ、口コミ自体はあまり多くありませんがケーズデンキの評判はなかなか良いようでした。

地元のケーズデンキでWiMAXやイーモバイルのUSB接続タイプを無料でお試しできました。
実機をその場で試せたので非常に良かったです。

すべての店舗で行っているわけではありませんが、店舗によっては無料レンタル・お試しをさせてくれるところもあります。

これは実店舗ならではのメリットですね。

他社のモバイルルーターも含め、値段や中途解約してしまった場合の解約金など丁寧に説明してくれました。

家電量販店ならWiMAX以外にも様々な会社のポケットWiFiが取り扱いされているため、一度にたくさんの会社のポケットWiFiを比較できるというメリットがあります。

ケーズデンキでWiMAX契約したら20,000円還元がついてきた。

私の住んでいる地域の近隣のケーズデンキでも、WiMAXとスマホを同時契約した場合ですが、20,000円還元キャンペーンが行われていました。

ケーズデンキWiMAX スマホ セット割

WiMAXがあればスマホのギガ数は1GBや3GBもあれば十分なので、結果的にネット料金とスマホ料金の合計を節約することも可能です。

ケーズデンキ WiMAXと他社プロバイダを比較

ケーズデンキのWiMAX「KTWiMAX」は、実店舗申し込み専門のプロバイダですが、WEB申し込み専門のプロバイダの方がコスト削減されるので価格は安い傾向にあります。

そのため、WiMAX契約の際はWEB専門のプロバイダも一緒に比較する方がおすすめです。

そこで今回は、実店舗とネット契約を行っている「UQWiMAX」、WEB申し込み専門で特に高額キャッシュバックをおこなっている「GMOとくとくBB」と月額料金が安い「カシモWiMAX」とで比較をしてみました。

キャンペーン・月額料金を比較

プランは「月間データ量上限なし」「端末W05」で比較しています。

プロバイダ
(契約期間)
月額料金キャンペーン利用総額
(実質月額)
KT
(2年)
4,380円最大5,400円
キャッシュバック ※1
109,500円
(4,380円)
UQ WiMAX
(3年)
4,380円13,000円
キャュシュバック
147,008円
(3,973円)
GMOとくとくBB
(3年)
初月~2ヶ月目:3,609円
3ヶ月目以降:4,263円
34,900円
キャッシュバック
120,769円
(3,264円)
カシモWiMAX
(3年)
初月~1ヶ月目:1,380円
2~24ヶ月目:3,580円
25ヶ月目:4,079円
月額割引85,100円
(3,404円)

※1 5,400円以上の商品購入が条件。

GMOとくとくBBはWiMAXプロバイダの中でも断トツで高いキャッシュバックを行っていて、実質的な月額料金は約3,088円とめちゃくちゃ安いのが特徴です。

またキャッシュバックではなく、毎月の支払額を安く抑えたいのであればカシモWiMAXのように月額割引を行っているプロバイダがお得です。

通信速度を比較

WiMAXを取り扱うプロバイダはケーズデンキやGMOとくとくBB以外にも20社以上ありますが、どこもUQコミュニケーションズが提供する回線を利用しているため通信速度は基本的に同じです。

実際にどのプロバイダに問い合わせをしても「通信速度に違いはない」と返答が返ってきます。

ただし、厳密に言うと各プロバイダがUQコミュニケーションズとどんなプランで契約を結んでいるかで通信品質は多少変わっているというのが現状です。

契約タイプは数種類あり、その中の1つである「UQコミュニケージョンズがインターネット接続を含めすべて提供するタイプ」であれば通信品質はUQコミュニケージョンズと同じですが、プロバイダ側の設備経由でインターネット等へ接続するタイプであれば各プロバイダの影響を少なからず受けることが考えられます。

これはプロバイダ側設備経由の通信品質が悪いと言っているのではなく、プロバイダ側がユーザーの増加や通信量に応じて設備増強が追いついていない等であれば、通信速度が遅くなる可能性もあるということです。

ただ各プロバイダがどの契約タイプでUQコミュニケージョンズと契約を結んでいるか確かめるすべはないいので、この点で比較することはできません(^^;

料金が多少高くても通信品質が間違いない会社で選ぶのであれ、本家UQWiMAXがおすすめです。

とんぼさん
とんぼさん

通信品質で選ぶならUQWiMAXがおすすめ!

⇒UQWiMAX公式サイト(https://www.uqwimax.jp

割引で比較

先述しているように、ケーズデンキでWiMAXを契約するとauユーザー方は「auスマートバリューmine」を利用することができ、auスマホ・au携帯が最大1,000円/月割引になったり、au4GLTEオプション料が無料になる等の特典を受けることができます。

auスマートバリューmineはWiMAX共通特典のため、基本的にどのプロバイダで申し込みしても利用することができますが、稀にauスマートバリューmine未対応のプロダイバもあり、それがカシモWiMAXとなっています。

auユーザーでなければ関係ない部分ではありますが、auユーザーの方で月額割引キャンペーンを検討しているのであれば、GMOとくとくBBがおすすめです。

GMOとくとくBBにはキャッシュバックキャンペーンだけでなく、月額割引キャンペーンも行っていて、契約期間は3年のみですが、3ヶ月目以降の月額料金はカシモWiMAXよりも300円ほど安くなります。

速度制限で比較

速度制限がかかる条件はどのプロバイダから申し込みしても全く変わりません。

制限がかかるデータ量制限時間制限後の
最大通信速度
KTフラットツープラスで
7GBを超えた時
当月末まで128kbps
ハイスピードプラスエリアモードで
月間7GBを超えた時
直近3日間で10GBを超えた時3日間で10GBを超えた日の
翌日18時頃~翌2時頃まで
概ね1Mbps

WiMAXの通信制限で一番気を付けないといけなのが、「ハイスピードプラスエリアモード」で7GBを超えてしまった時です。

この通信制限がかかると、たとえギガ放題で申し込みしていたとしても「ハイスピードモード(WiMAX2+)」の通信モードも一緒に月末まで速度制限がかかってしまいます。

とんぼさん
とんぼさん

ハイスピードプラスエリアモードの使用はハイスピードモードが繋がりにくくなった時にだけ使用し、日常使いはしないようにしよう!

また直近3日間で通信量合計が10GBを超えた時の速度制限も気になるかもしれませんが、10GBもあればYouTubeを標準画質で40時間以上観ることができます。

普通に使う分には十分なデータ量ですし、3日間10GB制限は一度速度制限がかかっても月末までずっと続くわけではなく、3日間の通信量合計が10GBを下回れば解除されます。

速度制限がかかる時間帯も18時~2時までと限定的なため、それほど気にする必要はありません。

ケーズデンキ WiMAXはおすすめ?(まとめ)

他社WiMAXと比較したことですでに結論が出た人も多いかと思いますが、今のところケーズデンキでWiMAXを契約するメリットはほぼありません

ケーズデンキは家電量販店なので実際に店員さんに相談しながら、また実機を触れるというメリットもありますが、これはUQWiMAXでも同じことが言えます。

実店舗で契約したいということであれば、WiMAXの本家であるUQWiMAXの方がサービス面でも通信品質の面でもおすすめです。

また価格の安さやキャンペーン等を重視するのであれば、WEB専門のプロバイダの方が圧倒的にお得です!

おすすめポケットWiFi
簡単診断
Q1
1ヶ月間で使うデータ量の目安を教えてください。

コメント

Top