ポケットWiFiレンタルおすすめ6選比較~解約金・期間なしの契約方法

レンタルポケットWiFiおすすめ6選を比較! 

「数ヶ月だけポケットWiFiを使いたい」
「契約期間の縛りや解約金があると契約するのを躊躇してしまう・・・」

こんなお悩みがある人はポケットWiFiのレンタルサービスを利用するのがおすすめです。

ポケットWiFiのレンタルサービスは数日から利用できるものもありますが、当記事では1ヶ月以上利用したい人におすすめのプロバイダを厳選・比較しています。

当サイトではモバイルルーター・モバイルWiFi全般のことをポケットWiFiと表記しています。

解約金なし・期間縛りなしでポケットWiFiを契約する方法

結論からお伝えすると、解約金なし・契約期間の縛りなしでポケットWiFiを契約するには、

  1. 契約期間なしプランで申し込む
  2. 契約期間のない格安SIMを利用する
  3. ポケットWiFiをレンタルする

主にこの3つの方法があります。

猿太郎
猿太郎

一番おすすめはポケットWiFiをレンタルする方法!

契約期間なしプランで申し込む

プロバイダによっては、契約期間有り・無しを選べるところがあります。

ただし契約期間なしを選択すると、長期利用割引などの特典が適用外となり利用料金が割高となります。

例えばY!mobile(ワイモバイル)を例にとってみると・・・

プランさんねんベーシック
契約期間3年期間縛りなし
月額料金3,696円5,696円

月間データ容量はどちらも7GBなのにベーシックプランの方が月額2,000円も高くなります。

ワイモバイルの場合、更新月以外(契約期間内)の解約には解約違約金が9,500円かかります。

解約違約金が発生しないのは魅力的ですが、月額料金が割高となるためワイモバイルのようなポケットWiFiを購入契約するプロバイダで契約期間なしプランを選択するのはおすすめ方法ではありません。

契約期間のない格安SIMで契約する

格安SIMには

  • インターネットと音声通話の両方使える「通話対応SIMプラン」
  • インターネットのみでお得に使える「データ通信SIMプラン」

があります。

ポケットWiFiルーターで利用する場合はデータ通信SIMプランが必要になります。

格安SIMは、契約期間なし・解約金なしで提供されていることも多いため、短期間の利用にもおすすめです。

ただし、格安SIMをおすすめできるのは月間の通信料が1~15GB程度のライトユーザーのみです。

例えば格安SIMで人気の高いマイネオ、DMM、ビッグローブで見てみると・・・

 mineo(Aプラン)DMMBIGLOBE
3GB900円850円900円
6GB1,580円1,450円
7GB1,860円
10GB2,520円2,190円
12GB2,700円
20GB3,980円3,980円4,500円
30GB5,900円6,750円

少しのデータ量であれば1,000円以内でネットを楽しむことができます。

ただしデータ量が大きくなると利用料金が高くなり、月間20GB以上利用するなら格安SIMはおすすめしません。

ポケットWiFiをレンタルする

解約金違約金なし・契約期間の縛りなしで契約するなら、ポケットWiFiをレンタルする方法が一番おすすめです。

レンタルポケットWiFiなら使い放題プランでも3,000円代で利用できるプロバイダも多く、長期利用したい人にもおすすめです。

猿太郎
猿太郎

契約期間の縛りなしで使いたいなら、ポケットWiFiをレンタルする方法が一番安く利用できるんだ!

ポケットWiFi レンタルのおすすめプロバイダ6選比較!

1ヵ月以上ポケットWiFiを利用する方におすすめのレンタルポケットWiFiを厳選しました。

すべて月間データ容量に上限のない「使い放題プラン」で比較しています。

 月額料金初期費用
解約手数料
1年利用して解約した時の利用総額
縛りなしWiFi3,300円なし
なし
39,600円
FUJI Wifi3,200円
(WiMAX)
2,000円
なし
40,400円
6,000円
(Softbank)
2,000円
なし
74,000円
SPACE Wi-Fi3,680円なし
なし
44,160円
STAR WiFi3,680円7,960円
なし
52,120円
SAKURA WiFi3,680円9,460円
なし
53,620円
NOZOMI WiFi4,480円3,980円
なし
57,740円

※価格は税抜

縛りなしWiFi

縛りなしWiFi 口コミ・評判・料金etc.詳細

回線WiMAX2+Softbank 
端末W04
WX05
502HW
603HW
日にち速度制限
3日10GB1日3GB
月額料金3,300円
初期費用なし
解約金なし
送料無料
端末代金無料

縛りなしWiFiはWiMAX2+またはSoftbank回線が使えるレンタルポケットWiFiサービスです。

初期費用・解約手数料どちらも無料、さらに月額料金も3,300円と最安級のため、例えば1年間の利用なら今回おすすめしているレンタルポケットWiFiプロバイダの中で最もお手頃価格で利用できます。

猿太郎
猿太郎

1ヵ月~2年程度ポケットWiFiを利用する予定なら、トータル費用の安さから縛りなしWiFiがおすすめ

縛りなしWiFi 詳細ページ

縛りなしWiFi 公式サイト

FUJI WiFi(フジワイファイ)

FUJI Wifi レンタルポケットWiFiサービス比較

回線WiMAX2+
Softbank 
端末W05,W04FS030W,ARIA2
304ZT,501HW
日にち速度制限3日10GBなし
月額料金3,200円6,000円
初期費用2,000円
解約金なし
送料無料
端末代金無料

基本的にレンタルポケットWiFiは、回線・端末を選べないプロバイダが多いです。

FUJIWiFi(フジワイファイ)も端末を選ぶことはできませんが、回線はWiMAX2+もしくはソフトバンクどちらか好きな方を選ぶことができます。

またFUJIWiFiのWiMAXならau4GLTEを利用することができ、LTEオプション料も月額料金に含まれています。

他社レンタルポケットWiFiのWiMAXプランではau4GLTEが使えないプロバイダも多いため、LTE回線も使いたい人にFUJIWifiのWiMAXプランはおすすめです。

またSoftbankプランは6,000円とお値段は少し高くなりますが、他社レンタルポケットWiFiのSoftbankの使い放題プランよりも使えるギガ数が多くなります。

「使い放題で日にち通信制限もないのに使えるギガ数に違いが出るの?」と疑問に思う人もいるかもしれませんが、実は100GB以上違いが出ることもあり、思う存分Softbank回線が使えるのもFUJI Wifiのメリットです。

猿太郎
猿太郎

WiMAXでau4GLTE回線(LTEオプション)も使いたい人Softbankで通信量を気にせず使いたい人はFUJI wifiがおすすめ

FUJI Wifi 詳細ページ

FUJI Wifi 公式サイト

SPACE WiFi(スペースワイファイ)

SPACE WiFi レンタルポケットWiFiサービス比較

回線WiMAX2+Softbank 
端末W04E5383s
日にち速度制限3日10GB1日3GB
月額料金3,680円
初期費用なし
解約金なし
送料無料
端末代金無料

SPACE WiFi(スペースワイファイ)は民泊WiFiですが、自宅用・個人用ポケットWiFiとしても利用することができます。

民泊WiFiとは、民泊運営を行っているホストや管理会社に対し提供することを主たる目的とするポケットWiFiルーターです。

ポケットWiFiはレンタルに限らず支払方法はクレジットカードのみのプロバイダが多いですが、SPACE WiFiはクレジットカードと口座振替から支払方法を選ぶことができます。

今回挙げた6つのレンタルポケットWiFiサービスの中でも口座振替ができるのはSPACE WiFiのみです。

猿太郎
猿太郎

支払方法を口座振替にしたい人はSPACE WiFi一択

SPACE WiFi 詳細ページ

SPACE WiFi 公式サイト

STAR WiFi(スターワイファイ)

STAR WiFi 公式サイトへ

回線Softbank 
端末602HW
日にち速度制限なし
月額料金3,680円
初期費用7,960円
解約金なし
送料無料
端末代金無料

SATR WiFi(スターワイファイ)は、Softbank回線を大容量で使えるレンタルポケットWiFiです。

Softbank回線が使い放題で月額3,680円は激安です。

1日3GBや3日10GBなどの日にち速度制限がないのも嬉しいポイント。

また最近では「7日お試しプラン STAR-7(手数料980円)」という、速度や電波状況を実際に使ってチェックできる新サービスも始まり、ますます使いやすくなっています。

猿太郎
猿太郎

「お手頃価格でキャリア回線を使いたい」「日にち速度制限は避けたい」という人はSTAR WiFiがおすすめ

STAR WiFi 詳細ページ

STAR WiFi 公式サイト

SAKURA WiFi(サクラワイファイ)

SAKURA WiFi レンタルポケットWiFiサービス比較

回線Softbank 
端末ARIA2,501HW,601HW,602HW
日にち速度制限なし
月額料金3,680円
初期費用8,960円
解約金なし
送料無料
端末代金無料

SAKURA WiFi(サクラワイファイ)は、STAR WiFiと同じくSoftbank回線が使い放題のポケットWiFiです。

初期費用はSTAR WiFiより少し高くなりますが、SAKURA WiFiの最大のメリットは、安心全額返金保証付で約1ヶ月間お試し利用できるということです。

返金手数料として1,080円(税込)は必要になりますが、初期費用なども全額返金保証の対象となります。

猿太郎
猿太郎

「ポケットWiFiは初めてで不安」「じっくりお試ししてから決めたい」という人はSAKURA WiFiがおすすめ

SAKURA WiFi 詳細ページ

SAKURA WiFi 公式サイト

NOZOMI WiFi(ノゾミワイファイ)

NOZOMI WiFi レンタルポケットWiFiサービス比較

回線Softbank 
端末GlocalMe U2
日にち速度制限1日10GB
月額料金4,480円
初期費用3,980円
解約金なし
送料無料
端末代金無料

NOZOMI WiFi(ノゾミワイファイ)は、日にち速度制限の条件が劇的に緩いレンタルポケットWiFiです。

詳しくは「ポケットWiF レンタルの速度制限 1日で10GBを超えた時」の章で説明していますが、日にち速度制限のないプロバイダと同等、もしくはそれ以上に通信料を気にせずネット利用できます。

またクラウドSIM対応の次世代型ポケットWiFiルーターを使えるのも嬉しいポイントです。

猿太郎
猿太郎

データ量をあまり気にせずネットを楽しみたいけど価格も安く抑えたいという人はNOZOMI WiFiがおすすめ

NOZOMI WiFi 詳細ページ

NOZOMI WiFi 公式サイト

ポケットWiF レンタルの速度制限

今回挙げた6つのレンタルポケットWiFiの速度制限は月間のデータ容量に上限のない使い放題プランですが、一定の通信量を超えると限定的に通信速度が制限されます。

  • WiMAX:10GB/3日を超えると一時的に速度制限
  • Softbank:3GB/1日を超えると当日速度制限
  • Softbank:過剰な通信利用者のヘビーユーザーとみなされた場合、月末まで速度制限
  • Softbank:10GB/1日を超えると当日~翌日にかけて速度制限

速度制限は主にこの4パターンに分けられます。

WiMAXの速度制限

猿太郎
猿太郎

WiMAXの速度制限がかかるプロバイダは縛りなしWiFiのWiMAXプランFUJIWiFiのWiMAXプランSPACE WiFiのWiMAXプラン

通信制限がかかるデータ量3日間の通信量合計が10GBを超えた時
制限時間翌日18時頃~翌々時日2時頃まで
制限後の最大通信速度概ね1Mbps

WiMAXの速度制限ははっきり言ってめちゃめちゃ緩いです。

まず、制限がかかるデータ量10GBというのは、YouTubeに換算すると標準画質で約47時間ほど視聴できるデータ量だということ。

そして通信中であっても18時~2時頃以外は通常の速度で利用でき、通信環境にもよりますが制限後の最大通信時間も概ね1MbpsとこれまたYouTubeを標準画質で視聴できるくらいの速度があります。

実際私もWiMAXの速度制限を経験したことがありますが、ネット閲覧はもちろんYouTubeも普通に観られたので、WiMAXの速度制限はあまり気にしなくてもよい・・・というのが私の見解です。

FUJI WiFiのみLTEの通信制限に要注意!

FUJI WiFiではau4GLTE回線(LTEオプション)が利用できると先述しましたが、LTEオプション(ハイスピードエリアモード)は月間7GBが上限となっています。

そのためLTEオプション(ハイスピードプラスエリアモード)で7GBを超えてしまうと、WiMAX2+(ハイスピードモード)も制限対象となります。

制限後の通信速度は月末まで128kbpsとなるため、FUJI WiFiでWiMAXプランを利用する場合はLTEオプション(ハイスピードエリアモード)の通信量に注意してください。

Softbankの速度制限

Softbankの速度制限はプロバイダによって異なります。

1日で3GBを超えた時

猿太郎
猿太郎

1日3GBを超えた時に速度制限がかかるプロバイダは縛りなしWiFiのSoftbankプランSPACE WiFiのSoftbankプラン

通信制限がかかるデータ量1日の通信量が3GBを超えた時
制限時間3GBを超えた時点~深夜0時まで
制限後の通信速度1Mbps未満

制限後の通信速度は1Mbpsにも満たないため、制限後のインターネット利用は厳しくなります。

ただし制限時間は3GBを超えた時点から深夜0時までと当日のみ。

制限時間がそれほど長くないのはメリットです。

過剰な通信量のヘビーユーザーとみなされた時

猿太郎
猿太郎

過剰な通信量のヘビーユーザーとみなされた時に速度制限がかかるのはFUJI WifiのSoftbankプランSTAR WiFiSAKURA WiFi

通信制限がかかるデータ量公式サイトに記載なし
制限時間当月末まで
制限後の通信時間1Mbps未満(128kbps)

この速度制限はキャリア側、つまりSoftbank側の判断で発生します。

そのため各プロバイダの公式サイトには何ギガバイトで速度制限がかかるのか明確な数字は記載されていません。

ただし、実際に問い合わせをしたり口コミから推測すると、最も速度制限がかかりにくいのがFUJIWifiのように思います。

FUJI Wifiの口コミを見ていると月間300GBを超えると速度制限がかかったという口コミが多く、実際に問い合わせもしてみましたが、過去200GB以内で速度制限がかかったことはないと回答がきました。

一方でSTAR WiFiは110~160GB、SAKURA WiFiは100~120MBくらいで速度制限がかかったというレビューがありました。

猿太郎
猿太郎

ヘビーユーザー制限が最も緩いと思われるのはFUJI Wifi!

ヘビーユーザー規制がかかると当月末までは128kbpsに制限されネット利用はほぼできなくなります。

ただFUJI Wifiでは代替交換機サービスを行っていて、制限がかかっていない端末と交換してもらうことができます

そのため実質無制限で使えるということになり、代替交換機があるのがFUJIwifiの大きなメリットとなっています。

1日で10GBを超えた時

猿太郎
猿太郎

1日で10GBを超えた時に速度制限がかかるのはNOZOMI WiFi

通信制限がかかるデータ量1日の通信量が10GBを超えた時
制限時間10GBを超えた時点~翌日9時まで
制限後の通信時間128kbps

NOZOMI WiFiの無制限プランでは、1日の通信量が10GBを超えた時、10GBを超えた時点から翌朝9時頃まで通信制限が発生します。

1日で10GBはそうそう使える量ではないので、通信料を気にせずネットが利用できます。

また単純計算すると10GB×30日で、1ヵ月で300GB近く使えるということになります。

上の章であげた日にち通信制限のないFUJI wifiと同等の通信量が可能です。

ポケットWiFi レンタルにデメリットはない?

デメリット・・・というほどではありませんが、人によっては気になるかもしれない部分が2つ。

  1. 端末・回線が選べない
  2. 端末弁償金が高い

端末・回線が選べない

レンタルポケットWiFiサービスでは、端末・回線を選べないプロバイダがほとんどです。(FUJI Wifiは回線を選ぶことは可能)

ただしWiMAXとSoftbank2つの回線に対応しているプロバイダでは、どちらか一方の回線で主に使う場所が対応エリア外だったり電波が届きにくい場所だったりした場合には回線を指定することができます

そのため私自身はそれほどデメリットには感じませんでした。

端末弁償金が高い

ポケットWiFiのレンタルサービスを利用する場合、解約時には端末を返却する必要があります。

万が一端末を紛失してしまったり利用者の過失により端末を壊してしまった場合には端末を弁償しなければなりません。

 端末弁償金安心保障オプション料/月安心保障加入時の弁償金
縛りなしWiFi39,800円500円10,000円
FUJI Wifi20,000円620円 ※1
無料
SPACE WiFi40,000円500円10,000円
STAR WiFi25,000円500円無料
SAKURA WiFi20,000円500円無料
NOZOMI WiFi20,000円350円無料

※ 税抜き価格
※1 FUJI wifiでは安心サポート加入で毎月の支払い料金から300円引きとなり、実質320円で利用できます。

そもそも紛失したり壊さなければ全く必要のない費用なのですが、心配な方は念のため安心保障に加入しておいても良いかもしれません。

ポケットWiFi レンタルサービスまとめ

ポケットWiFiのレンタルサービスは、契約期間の縛りがなくいつ解約しても解約違約金が発生しないため、短期間の利用はもちろん、契約期間の縛りがあると申し込みに躊躇してしまう・・・という人にもおすすめです。

  • 縛りなしWiFi:トータル費用を安く抑えたい人におすすめ
  • FUJI Wifi:WiMAXでLTEオプションを使いたい人、Softbankで通信量を気にせず使いたい人におすすめ
  • SPACE WiFi:口座振替したい人におすすめ
  • STAR WiFi:Softbank回線をお手頃価格で使いたい人におすすめ
  • SAKURA WiFi:じっくり試してから決めたい人におすすめ
  • NOZOMI WiFi:データ量をあまり気にせずネットを楽しみたいけど価格も安く抑えたい人におすすめ

特に今回挙げた6つのレンタルポケットWiFiサービスにはそれぞれ違ったメリットがあり、利用目的によって選べば失敗することはありません。

Top