ラクーポンWiMAX(楽天)口コミ~キャンペーン~ポケットwifi比較とおすすめ

楽天のポケットWiFi ラクーポンWiMAXとは ポケットWi-Fi プロバイダ

ラクーポンWiMAX(RaCoupon WiMAX)とは、楽天が運営していたWiMAXのポケットWiFiですが、2017年に新規受付が終了し、現在はCP WiMAXというサービス名に変わりました。

利用料金が安いことで当時は人気のプロバイダでしたが、何もせずそのまま継続契約すると利用料金がグンッと高くなっていまいます。

今回はラクーポンWiMAXをお得に継続する方法や他社ポケットWiFiとのキャンペーン比較などについて詳しく解説していきたいと思います。

楽天のポケットWiFi「ラクーポン WiMAX」とは

ラクーポンWiMAX(旧シェアーWiMAX)とは、大手通販サイトである楽天が運営・提供していたWiMAXのポケットWiFiサービスです。

2017年に親会社の変更に伴い、「ラクーポンWiMAX」は「CP WiMAX」へサービスが以降されました。

変更日2017年10月31日2017年11月1日~
親会社楽天株式会社株式会社EPARK
商号(会社名)楽天クーポン株式会社株式会社EPARKマーケティング
クーポンサイト名Racoupon 買うクーポンEクーポン
WiMAXサービス名ラクーポンWiMAXCP WiMAX

ラクーポンWiMAXの新規受付は終了

ラクーポンWiMAXは、CPWiMAXへサービス名称が変更されたと共に新規受付も終了しています。

そしてCPWiMAXも、2018年12月現在、新規受付をしていません。

新サービス「CP WiMAX」とは

以前からのラクーポンWiMAXユーザーは、CPWiMAXへそのまま契約が以降された形になっています。

サービス内容や料金プラン等の変更はありませんが、お問い合わせや解約時の連絡先などが変更となっています。

CP WiMAX(旧ラクーポンWiMAX)の問い合わせ先

CP WiMAX(旧ラクーポンWiMAX)に関するお問い合わせは、WiMAX専用窓口が用意されています。

  • WiMAX専用お問い合せ窓口(0570-006-131)
  • 受付時間(平日:10:00~18:00)

電話以外にも、お問い合わせフォームから連絡することもできます。

ラクーポンWiMAX(CP WiMAX)の料金

利用料金もラクーポンWiMAXからCPWiMAXへそのまま引き継がれています。

ラクーポンWiMAX時代は端末やクーポン利用期間により月額料金は変動していましたが、月間のデータ量が無制限のギガ放題プランでも平均して3,000円前後で利用できていたので、月額料金は最安級だったと言えます。

ラクーポンWiMAXのおすすめ継続契約方法

現在、新規契約はできませんが、2018年9月~2019年2月に更新月を迎える契約者に対しては、機種変更プランで再契約できるようになっています。

ギガ放題プラン(使い放題)の月額料金
サービス名CP WiMAX(機種変更プラン)
契約月~2ヶ月目まで3,076円
3~23ヶ月目まで
24ヵ月目以降4,140円

※ 税込み価格

再契約のため新たに契約事務手数料(3,240円)が必要にはなりますが、そのまま継続契約するよりも1,000円以上利用料金が安くなり、端末はW05に機種変更できます。

そのため他社ポケットWiFiプロバイダに乗り換えをしないのであれば、CPWiMAX内で機種変更プランを利用し再契約をする方が断然お得です。

ラクーポンWiMAXの評判・口コミ

ラクーポンWiMAX時代の口コミを調べてみると、「価格は安いけどサポートが悪い」「メールで問い合わせしてから返信がくるのが遅い」など、サポートに関する評判は正直言って悪いです。

そもそもラクーポンWiMAXの運営会社は通信回線をメインで取り扱いしているプロバイダではないため、通信会社をメインで取り扱っている他社ポケットWiFiプロバイダに比べるとサポート体制は整っていない印象です。

ラクーポンWiMAXのキャンペーン

ラクーポンWiMAX時代、キャッシュバック等のキャンペーンは行っていませんでしたが、その分月額料金を割引するキャンペーンを行っていました。

ギガ放題プランでも3,000円前後で利用することができていたので、利用料金は当時1,2位を争う安さだったと言えます。

その他にも

  • 楽天スーパーポイント10,000円分プレゼント
  • RaCoupon「買うクーポン」で使える、1,000円分の割引チケットプレゼント

等の特典が付いていることもありました。

ラクーポンWiMAXと他社ポケットWiFiキャンペーン比較

ラクーポンWiMAX(現CP WiMAX)は、現在、新規受付を終了しているのでキャンペーンは行われていません。

ですが、他社WiMAXプロバイダのキャンペーンを利用すれば、ラクーポンWiMAXと同じくらいの利用料金でポケットWiFiを持つことができます。

プロバイダ月額料金 ※1実質月額料金 ※2
実質利用総額 ※3
GMOとくとくBB
※クリックで詳細ページにとびます
4,263円3,206円
118,619円
キャンペーン:37,150円キャッシュバック
GMOとくとくBB
※クリックで詳細ページにとびます
3,480円3,239円
119,830円
キャンペーン:月額割引+5,000円キャッシュバック
DTI
(Eクーポンサイト経由)
※新規受付終了
3,760円3,260円
120,610円
キャンペーン:15,000円キャッシュバック
so-net
※クリックで詳細ページにとびます
3,620円3,522円
130,320円
キャンペーン:月額割引
Broad WiMAX
※クリックで詳細ページにとびます
3,411円
(25か月目以降4,011円)
3,550円
131,352円
キャンペーン:月額割引

※ 税抜き価格
※1 3~36ヶ月目までの月額料金
※2 実質月額料金=(初月~36ヵ月目の利用総額-キャッシュバック)÷37ヶ月
※3 実質利用総額=初月~36ヵ月目の利用総額-キャッシュバック

GMOとくとくBB

利用料金の安さで選ぶならGMOとくとくBBです。

GMOとくとくBBは

  • キャッシュバック
  • 月額割引

2つのキャンペーンが行われています。

がっつりキャッシュバックが欲しいか、月々の支払コストを安く抑えたいか好みのキャンペーンを選べます。

WiMAXプロバイダは大抵キャッシュバックか月額割引どちらかのキャンペーンを行っていますが、GMOとくとくBBはキャッシュバック、月額割引どちらのキャンペーンを選んでも他社WiMAXプロバイダと比較して利用料金は最安級です。

 ポケットWiFiの利用料金はキャンペーンや選ぶ端末、契約期間などによって変動しますが、GMOとくとくBBは、価格の安さでは他社ポケットWiFiプロバイダに負けないよう、毎月キャンペーンの見直しを行っている印象です。

DTI WiMAX

Eクーポンサイトで契約できるDTI WiMAXの新規受付は終了しました。

DTIはCP WiMAX(旧ラクーポンWiMAX)を販売していたサイト、Eクーポン(旧Racoupon 買うクーポン)から契約することができますが、CP WiMAXとは全く別物で、株式会社ドリーム・トレイン・インターネットという会社がサービス提供しています。

直接DTIで契約するとキャッシュバックはありませんが、Eクーポンサイト経由で契約すると15,000円のキャッシュバックを受け取ることができます。

so-net

so-netは、サービスに定評のあるポケットWiFiプロバイダです。

また「So-net 安心サポート」と呼ばれる、ポケットWiFiだけでなくパソコンやインターネット、その他周辺機器などまでもひっくるめてサポートしてもらうことができるオプションサービスもあり、ポケットWiFi初心者の方にもおすすめです。

現在「So-net 安心サポート」は、12ヶ月間無料でお試しすることができます。

Broad WiMAX

Broad WiMAXでは、「違約金負担のお乗換えキャンペーン※」が行われています。

他社のWiMAXに契約中なら、違約金をBroad WiMAXで負担してもらい違約金0円でBroad WiMAXに乗り換えすることができます。

※上限19,000円

WiMAXの通信速度・エリアは全ポケットWiFiプロバイダ同じ

WiMAXのポケットWiFiは様々なプロバイダが販売していますが、どのプロバイダもUQコミュニケーションズの回線を利用しています。

通信品質はプロバイダ側の通信設備に多少影響を受けるものの、大元の回線は全く同じため、理論上の最大通信速度や利用エリアはどこから契約しても変わりません。

そのためラクーポンWiMAXからCPWiMAXに変わったことで通信速度やエリアに何か違いがでることはありません。

WiMAXのエリア

WiMAXには2つの回線

  • WiMAX2+
  • au4GLTE

がありますが、どのプロバイダから契約しても使えるエリアは全く同じです。

WiMAX2+・LTEのサービスエリア

ラクーポンWiMAXの通信制限

通信制限がかかる条件も、ラクーポンWiMAX(CP WiMAX)をはじめ、どのプロバイダから契約しても同じです。

制限がかかるデータ量制限時間制限後の最大通信速度
ライトプランで7GBを超えた時当月末日まで128kbps
ハイスピードプラスエリアモードで
7GBを超えた時
当月末日まで128kbps
3日間で10GBを超えた時翌日18時頃~翌々日2時頃まで概ね1Mbps

ライトプランで7GBを超えた時

ライトプランは月間に使用できるデータ量が7GB上限と決められています。

そのため7GBを超えれば、月末まで速度制限がかかります。

ハイスピードプラスエリアモードで7GBを超えた時

WiMAXには

  • ハイスピードモード(WiMAX2+)
  • ハイスピードプラスエリアモード(WiMAX2+、au4GLTE)

2つの通信モードがあります。

 ギガ放題プランの通信量ライトプランの通信量
ハイスピードモード無制限7GB
ハイスピードプラスエリアモード7GB7GB

ギガ放題プラン・ライトプラン共にハイスピードプラスエリアモードの通信量は7GB/月と決められています。

そのためハイスピードプラスエリアモードで上限の7GBに達した場合、通信制限がかかります。

制限対象の通信モードは、ハイスピードプラスエリアモードだけでなくハイスピードモードも含まれるので要注意です。

3日間で10GBを超えた時

3日間でハイスピードモードとハイスピードプラスエリアモードの通信量合計が10GBを超えた時、通信制限が発生します。

ただしWiMAXの3日間制限は

  • 翌日18時~翌々日2時頃まで(これ以外の時間帯は普通に使える)
  • 制限後の最大通信速度は概ね1Mbps(YouTubeの動画を標準画質で観れるくらいの速度はある)
  • 3日間の通信量合計が10GBを下回れば解除される

このような条件なので非常に緩いです。

また10GBとはYouTubeに換算するとパソコンで約47時間ほど観られる通信量です。

オンラインゲームをひたすらやり続ける、動画をずっと流しっぱなしにする等の使い方をすれば制限を受ける可能性大ですが、普通に使っていればまず通信制限を受けることはないでしょう。

ラクーポンWiMAXの解約違約金

ラクーポンWiMAXは2年契約だったため、2年毎にやってくる契約更新月以外に解約をすると解約違約金が発生ます。

契約期間契約解除料
1~13ヵ月目(1年目)19,000円
14ヵ月目~25ヵ月目(2年目)14,000円
26ヵ月目(更新月)0円
27ヵ月目以降更新月以外9,500円

※ 更新月はマイページの購入履歴から確認することができます。

例えば、2016年11月に契約したとすると、2018年12月が契約更新月となります。

ただし2018年12月中に解約手続きをすれば良いというわけではなく、2018年12月付の解約ができるのは前月21日~当月20日※18時までです。

※20日が土日祝日の場合は、前営業日が締め切りです。

更新月であっても20日を過ぎると翌月扱いの解約となり解約違約金が発生するので要注意です。

解約申請後はいつまで使える?

解約申請後であっても、解約月の月末までは端末を利用することができます。

そのため解約申請をする場合はギリギリになりすぎず、余裕をもって手続きをすると安心です。

ラクーポンWiMAXの解約方法

ラクーポンWiMAXの解約方法は契約時期によって異なります。

  • 2016年3月1日以降(マイページから解約)
  • 2016年2月29日以前(解約フォームから連絡)

2016年3月1日以降

2016年3月1日以降に契約した方は、マイページから手続きができます。

  1. マイページにログイン後、「購入履歴」のタブをクリック。
  2. 「解約申請」をクリック。
  3. 「上記の項目に同意する」にチェックを入れる。
  4. 「解約を申請する」をクリック。

以上で解約手続きは終了です。

Eクーポンのマイページにログインができない

Eクーポンのマイページにログインができない方は、楽天アカウントからの連携がされていない可能性があります。

その場合はまずアカウントの移行手続きを行ってから、再度マイページにログインしてみてください。

Eクーポンへのアカウント以降手続き詳細

2016年2月29日以前

  • 2016年2月29日以前に契約した方
  • アカウントの移行手続きができない
  • マイページに契約プランが表示されない

等のトラブルが発生した方も、CP WiMAX(ラクーポンWiMAX)専用お問い合わせフォームから解約申請の連絡をしてください。

入力内容については下記を参照にしてください。

ラクーポンWiMAX(CP WiMAX)解約手続き

ラクーポンWiMAXまとめ

ラクーポンWiMAXはWiMAXのポケットWiFiを安く利用できるプロバイダとして人気でした。

現在ラクーポンWiMAX(現CP WiMAX)では、新規受付を終了しているため新たに契約することはできませんが、他社WiMAXプロバイダでも、キャンペーンを利用すればラクーポンWiMAXと同じくらいの価格(3,000円前後)でポケットWiFiを持つことができます。

GMOとくとくBB WiMAX2+

GMOとくとくBB WiMAX2+ 2019年キャンペーン内容

実質月額料金3,239円
初期費用事務手数料:3,000円
端末:0円
対応回線WiMAX2+
au 4G LTE
POINT・WiMAX最新端末が最安
・5,000円キャッシュバック付き
・auユーザー、UQモバイルユーザー割引あり
・20日以内ならキャンセルOK(WiMAXの中で最長)

【プラン:ギガ放題、契約期間:3年、端末:W06・WX05】

2019年5月は、月額割引に加え、5,000円キャッシュバック付き!

キャッシュバックを受け取ることでWiMAXプロバイダの中でWiMAX最新ポケットWiFi端末(W06・WX05)が最安となります。

またGMOとくとくBBは、20日以内であれば違約金なしで契約をキャンセルできるサービスがあり、ポケットWiFiの利用が初めてで「電波がちゃんと届くのか?」「動画もストレスなく見られるのか?」などなど不安がある人にもおすすめです。

モバイルJ (Mobile-J)

モバイルJ キャンペーン詳細(2019年~)

月額料金20GB:2,680円
30GB:3,480円
50GB:4,680円
150GB:5,480円
初期費用事務手数料:3,000円
端末:0円
対応回線softbank 4G LTE
softbank 3G
POINT・softbank回線がそのまま使える
・速度制限がない

・契約期間が選べる(2年契約or1年契約)
・料金が一切上がらない
・SIMのみの契約もできる

【契約期間:2年、端末:601HW】

モバイルJ(Mobile-J)は、MVNOではなくソフトバンク回線がそのまま使えるのでエリア・通信速度は本家ソフトバンクと全く同じ

MVNOにありがちな通信速度が遅くなるということもありませんし、田舎や地方などでWiMAXのエリア圏外に住んでいる人にもおすすめです。

またポケットWiFiサービスでは、契約期間満了後に月額料金が高くなるところが多いですが、モバイルJは契約から解約するまで料金の変動は一切ないので長期利用でも損しません。

SIMのみプランの料金はさらに割安となるため、すでにポケットWiFiを持っているという人はSIMのみプランもおすすめです。

どんなときもWiFi

どんなときもWiFi 評判・口コミ~キャンペーン~ポケットWiFi比較

実質月額3,112円
初期費用事務手数料:3,000円
端末:0円
対応回線ソフトバンク
ドコモ
au
POINT・ソフトバンク、ドコモ、auトリプルキャリア対応で繋がりやすい
・データ容量無制限
・海外でも使える
・口座振替可能
・最短即日発送

【プラン:契約期間:2年、端末:GlocalMe U2】

どんなときもWiFiはドコモ、au、ソフトバンクのトリプルキャリアからエリアによって電波の強い回線を自動で掴んでくれるため、どこでも快適にインターネットを使うことができます。

またどんなときもWiFiには月間容量制限や通信制限がないというのも嬉しいポイント。

あまりにもめちゃくちゃな使い方をしてしまうと低速モードに切り替わることもありますが、基本的に無制限で使うことができるので動画やゲームなど大容量のデータを消費するコンテンツを利用する人にもどんなときもWiFiはおすすめです。

コメント

Top